踊ってなんぼ・・・

振付師、ダンスインストラクターとして日々踊り続ける男の日記。

2014年02月

忙しかった〜(-_-;)

今日は昼のJoyfitレッスン終了後、美しが丘まで行って新規参加団体の勧誘

待ち合わせの時間よりもちょっと早く到着したのでCDを物色
おおおっ!と何か感じる物があったこの2枚
思った通り、なかなかいいサウンドだ。これは使えるぞーー(^-^)/

image










しばらくして待ち合わせの先生が現れた。

自分から見たら、もの凄〜い経歴の先生でエリート街道を歩いて来られた方だ。

もし、ジャズ・ナウに一緒に参加してくれたらかなり強力なメンバーになってくれるだろう。

2時間ほど、今までのいきさつなどをお話させて頂いて、返事は保留となったが感触は良好だった。


そこから一度家に戻り、夜レッスンの準備をしてからエルプラザに向かう
今日は、うちのメンバーがコンテのステージに出ると言うので応援がてら観覧

このグループのコンテは、同じコンテでもバレエ寄りの振り付けが多いので、自分としてもそんなに違和感なく見る事が出来た。

その後はまたJoyfit札幌北に行き、ジャズのレッスン

さーて今日は4週目です。今月も各クラスみんな頑張りました(^-^)/

春は近い\(~o~)/ 来月も頑張りましょう・・・




なかなか治らん・・・(-_-メ)

今年は例年になくアトピーが悪化して、非常に辛い・・(-_-;)

もともと汗かきな体質なので、ウオーミングアップでちょっと身体を動かしただけで
汗がにじむ・・・
一度汗が出始めると全身を痒みが襲い、血が出るまでかかないとおさまらない。

この状態は例年、夏場の湿度が高い時に起こる現象で冬場は比較的快適だった。
しかしなぜか今年は、湿度が低いこの冬に湿疹が全身に広がり悪化の一途を辿っている。

ステロイドは2日に1本使い切るくらい塗っているが、あまり効果はない。
夜も痒くて眠れないし、朝は痒くて目が覚める・・

しかしこの件について、先日Facebookに投稿した所、この薬はいいよ、こんなサプリあるよ、ここの病院はいいみたいですよ、薬じゃなくてこんな治療法もありますよ・・などなど、たくさんの皆さんから様々な対処法を御提案頂き、本当に感謝している。

今、それらについて一つずつ試しておりますので、どれか一つでもいい結果が得られるといいな〜と思っています(^-^)/

したがって・・最近はできるだけ汗をかかないように最低限の動きでレッスンしております。
自分としては、思いっきり動けないのはいささか不本意ですし、手本としてはまったく役にたってないと思いますが、生徒の皆さんもう少し回復するまでしばらくお待ち下さい。


それはさておき・・・

今日、やっと家の前に除雪が入った。

今シーズン初めてだ(以前は頻繁にやってくれたんだが、最近は予算がないらしく回数も少なくなった)




除雪前・・車がまったくすれ違えません・・(-_-;)

image








除雪後・・おおーこんなに広かったんだ・・(@_@;)

image

強化レッスン2回目

今日はジュニア強化レッスン2回目・・参加12名

まずは自分の身体を自由にコントロールできる身体を作るために、ストレッチと筋トレを少し長めに行う。

キレとスピードを身につけるために筋力アップは必須項目である。
特に最近の子ども達は筋力不足で、ちょっと早い動きをつけるだけで身体が飛ばされる。

ましてジャンプやターンをするともなれば、その反動を受け止めるだけの力が必要。

筋トレはみんな嫌いだと思う。

しかし、目的がダンスとなればみんな頑張ってくれるだろう・・と信じている。

踊り方は徐々に良くなって来ている。

ジュニア特有のホワホワっとした動きではなく、カチッ・・ピシッと止められるようになってきた。ヘッドアクセントがまだ弱いので、今一つシャープ感に欠けるのは今後の課題だが、かなり自分のイメージに近づいて来ているのは間違いない。

まだだ、もっとキレるようになるはずだ。ちょっとずつ頑張って行こう。


それと、今日は最初の挨拶がダメでした。

挨拶とは、しっかりと声に出しそれが相手に伝わってこそ初めて挨拶です。
言ったつもり・・・では何も伝わりません。

ここのメンバーには、ダンスはもちろん挨拶や礼儀もしっかり身につけて欲しいと思います。


image






image






image






image






image

ショーダンスの神髄

我々が踊っているのは「ショーダンス」である

ゆえにその神髄はセクシーな身のこなし

しかしながら、うちのメンバーはどうもこのセクシーと言う奴が苦手だ

まぁ教えているのが自分だから、女性ならではの動き方を見本として見せられないのも一つの要因ではあるが、もう少し何とかならんものかと思う。

そもそもセクシーとは、ただ胸や腰をやみくもに振り回せばいいと言う物ではない。
身体全体のポージング、角度、アクセントの付け方、目線の使い方など・・
様々な要素が絡み合ってこそ「色気」に繫がるのだ。

そのためには、ただ与えられた振り付けを順番通りに踊るのではなく、どう踊るのか?
どう見せるのか?そしてどう自分をアピールするのか?自分なりに研究する事が大事だ。

まさに「群がる男どもの視線をすべて自分に向ける」くらいの意気込みで踊って欲しい。

それがショーダンスの基本である。

バーレスクやムーランルージュを見た時の衝撃を、今一度思い起こして欲しい。

BURLESQUE









ムーランルージュ










image






image

動夢舞2014

今日はYOSAKOIソーランチーム「動夢舞」の2014年第1回目の振り付け

見てわかる通り、このチームのメンバーは身体にハンディキャップを持っている子達が多数在籍する。
当然、通常のチームに振り付けするような動きをそのままやる訳にいかないので、車椅子のメンバーには上半身だけで出来る踊り、立っているメンバーもあまり激しい動きにならないよう配慮して振り付けをする。

しかし、どんなに簡単な動きと言っても彼らにとっては大変な作業で、自分達には想像できない苦労があるんだと思う。

昨年からこのチームに関わって、一つ学んだ事がある。
ハンディキャップがあるからと言って、何から何まで過保護になっても何一つ彼らにとってプラスにはならないと言う事。

現に彼らは、強いチャレンジ精神を持っている。

これは無理だよねーきっとダメだよねー・・・こんな言葉は嬉しくも何ともないのだ。
できるかどうか、やってもみないうちに結論を出すなと・・きっと彼らは心の中でそう思っているに違いない。

今でも忘れない。昨年、彼らの執行部と初めてミーティングを行ったときに言われた言葉

ブロック最下位・・「でも障害者の割には頑張ったよね・・・」

屈辱的な言葉をかけられた。

こんな事は二度と言われたくない。私達はそんな前置きを払拭したいと・・・

わかりました。では、僕もそのつもりで遠慮なく振り付けしますと・・


そして彼らは、何度も何度も難しい動きにも諦める事なく、必死に練習した。

その結果、動夢舞の2013年は「ブロック4位の敢闘賞」を受賞した。


正直、自分もこのチームがここまでやってくれるとは思ってなかった。
あの時の感動は、他のチームとはまた違った特別な感情だった。

今年もまた、6月のYOSAKOIソーランまでどれだけ彼らの思いに答える事が出来るのかわからないが、彼らのチャレンジスピリットを最大限に引き出せるよう頑張って行こうと思う。


image







image







image








image









動夢舞2013 大通西8丁目ステージ

またこの時期がやって来ました(-_-メ)

さて、またしても確定申告の時期がやって参りまして

今日は朝から昨年1年間分の領収書の仕分けと計算(-_-メ)

車を買い替えたお陰で、1年分のガソリン代が12万ほど下がっている。
燃費がいいとは素晴らしい事だ。って言うか今までが悪過ぎたって事だが・・

さて、あとはデータを入力して提出すればOKだ。



image








夕方からは今月からスタートしたジュニアクラスの選抜メンバーによる強化レッスン

通常のカルチャーレッスンではできない基礎トレーニングと、一歩進んだスキルアップが目的である。

今日は第1回目と言う事で、軽めのレッスンとなったが今後は徐々にペースを上げて行こう。


image







image







image







image

困ったもんだ・・・(-_-メ)

愚痴愚痴した内容が続いて大変申し訳ないが、最近ちょっとした事で何かとイライラする。

カルシウムが足りてないのかな〜(-_-;)

家から出かける時、ちょっと細めの路地を通って地下鉄と並行に走る幹線に出るんだが
その角に、地下鉄への出入り口がある。

当然そこには送迎待ちの車が列を作る。まぁ夏場ならそこそこ道幅があるので、端っこによってくれれば特に問題はないのだが、大雪が積もる今の時期は何もなくてもすれ違うのに苦労するほど道幅は狭い。

しかし、しかしだ・・こんな状況の中でも平気で入り口の前に駐車してる車が必ずある。
その車のせいで、只でさえ狭い道がよりいっそう狭くなり、当然対向車が来れば交互通行をせざるを得ない。普通ここに止まってたら他の車に迷惑だろうな・・とか邪魔だろうなとか考えて、ちょっと離れるけど広い場所に移動しようとか、この出口じゃなくて広い道路の方から出てくるようにしてもらうとか考えるだろ。

そういう気遣いがなぜできないのか???(-_-メ) まったく理解に苦しむ。

ここ数年は札幌市の財政も厳しいらしく、除雪、排雪をする回数もめっきり減っている。
細い住宅地はもちろん、大きな幹線道路までも道幅が狭く路駐なんてできるような状態じゃない。

どんな理由があるのか知らんが、邪魔なものは邪魔なのだ。
この時期は、一人一人が周りの状況を把握し、いかに他の車の走行を妨げないで走るかを考えなければダメ。

ほんの少しだから・・とか、1台くらいいいだろとか・・・

そんな言い訳はやめてもらいたい。

警察も警察だ。電柱の陰に隠れてコソコソとシートベルトのチェックなんかしてる暇があったら
駐車違反の車両をバンバン取り締まって片っ端からレッカーでもしてろ。

その方がよっぽど役に立つ。


あああ〜腹立つ(-_-メ)


牛乳飲もう・・・(笑)

やかましいわ(-_-メ)

ソチオリンピック フィギュアの国別対抗戦を見ていた。

ロシア ユリア・リプニツカヤ 確かに昔の浅田真央を彷彿させる恐い物なしの勢いを感じる演舞
この大舞台で、この大観衆の前で、プレッシャーなど物ともせず淡々と滑るその精神力はさすがだ。

まぁそれはいいとして、それを解説するNHKのアナウンサー・・・

リプニツカヤが出てくる度に「15歳!リプニツカヤ」「史上最年少リプニツカヤ」「15歳のロシア代表」

うるさいって!何回も三回も15歳15歳って・・1回言えば解るっつーに

ギャーギャー騒ぎ過ぎだ(-_-メ)

とにかく日本のマスコミは、年齢に拘りすぎだ。

41歳 葛西紀明、史上最年長!葛西紀明・・ 

スノーボード 17歳 角野友基・・・

モーグル参加選手中最年長 上村愛子・・・だから うるさいって!

何で日本のマスコミは何歳何歳って年ばっかり気にするのかな〜??意味わからん

そんなもん何歳だろうと関係ないべ。


最年少なら点数が甘くなるのか??

最年長だからどうした??

何歳だろうと、国を代表して参加してる選手が背負っている物はみんな同じだ



それにしても・・・・相変わらずここ一番に弱いな  日本人は(-_-;)

そんな中で羽生くんは凄いわ。大したもんだ。

この調子で個人戦も、ロシア一色のスタジアムを黙らせてくれ。


動夢舞の練習o(^o^)o

今日は午後から、動夢舞の基礎レッスンのためにここ↓


image


最初の1時間は、車椅子のメンバーがレッスンし後半の1時間30で、一般メンバーのレッスン。
みんな頭では、理解できても思うように身体が動かず
アタフタしながらも、楽しい時間を過ごしました(^^)/

image


そして夜は超久しぶりのススキノ
以前からすっと生徒達と約束していた
サルサクラス実地レッスンinエルマンゴ

やはり、スタジオの中だけで踊っていても
実践とは、まったく違う。
リードする男性に合わせて、打ち合わせナシのアドリブ
にどこまで反応できるか
そこが最も重要なポイントだ。

その意味で、実際にそれを体験するのは、
非常に重要な事。みんなそれぞれ自分のレベルが
わかった事だろう

image






image

ジャンプのポイント

ジャンプはただ高く飛べばいいと言うものではありません。

飛んでいる間の空中姿勢が大事です。

最大到達点でしっかり止まっていられれば、見ている人にその残像が残ります。

しかしその「止め」がなければ、ジャンプとしての印象は薄くなってしまいます。

特に、腕(指先)足先など身体の末端に「止め」の意識を集中して我慢する事。

高く飛ぶ事だけに気持ちが行ってしまうと、結局雑なジャンプに見えてしまいます。


レッスン中にジャンプをする機会があったら、その点に注意してやって見て下さい。



隊長ジャンプ
訪問者数

Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ