踊ってなんぼ・・・

振付師、ダンスインストラクターとして日々踊り続ける男の日記。

2013年07月

任務終了(^^)/

今日は、サマーセミナー2日目
参加者は約60名

ほとんどが昨日も参加したメンバーだ。
特筆すべきは、3分30もの曲を2日間で2曲あっという間に覚えてしまう事。

細かいカウントやステップは、まだまだ怪しいが、大雑把でも覚えるだけ凄い。

これは、12月の年末ライヴが非常に楽しみだ。、

毎回ここ今村組に来ると、相変わらずの動きを見せるフロント常連メンバーの他に、一際輝きを放つ子に出会う。

今回、もう一つの今村組と言うテーマで、次期センター候補を選ぶべく通常の主力を除いて軽いオーディションをやった。

その中でとても強いエネルギーを感じた2人

一人は福井から来た(あいか)もう一人は鈴鹿支部の
(ゆりな)

実際このくらいのレベルになると、踊り自体にはそんなに大差はない。
あとは、気持ちと身体を変に力む事なく、エネルギーをぶつけられるか・・
このほんの少しのプラスアルファの部分
これで、誰が人の目を引きつけるかが決まる。

この二人は、まだまだ原石だと思う。

しかし、磨かれ方によってはとてつもなく輝く可能性がある事は間違いない。

image

1日目終了(^^)/

今日は、朝5時30に出発し京都へ向かう

去年から行っている今村組サマーセミナーの振り付け

この2日間で初・中級と選抜、2曲を振り付けして
この踊りを12月に行う年末ライヴで披露する

今日の参加者は約80名。
みんな超元気よくて、振り付けを覚えるのも早い早い!(^^)!

しかも会場が、なんと地下街のど真ん中(笑)
当然、人がゾロゾロ通ってる中での振り付け
自分もこんな経験は初めてだ。
何せ振り付けに観客がいるんだから

1時過ぎに開始して、終わったのが7時
3分35秒の曲が見事完成(^^)/

冷房は入っているものの、あくまでも通路なので
そんなにしっかりは入っていない。
ちょっと動いただけで、全身から汗が吹き出る

そんな中、子ども達は慣れないHIP・HOPの動きを必死について来ようと長時間頑張ってくれた。

本当にお疲れ様。

また明日、長い1日になるけど頑張ろう!





image









image

またやられた・・・(-_-;)

今日は午前中Joyfitでレッスンをしてその後家に戻り来月のステージ用に衣裳を製作

製作と言っても元々ある衣裳をリメイクするだけなので、そんな難しい作業ではないのだが、出来上がっている物を修正するのは、結構手間はかかる。

予め買っておいた生地をカットして、元々の衣裳に追加。
久しぶりにミシンを出して作業した。


image








夜のJoyfitレッスン・・・

数時間前からまた激しい下痢に襲われてレッスン前からグッタリ・・・(-_-;)

レッスンの前に2回ほどトイレに駆け込んだがまったく良くならず

申し訳ないと思いつつもレッスン中に4回もトイレへ・・・

しかしまーこの慢性の下痢は何とかならんもんかな・・・


最後の力をふりしぼって踊った今月ののコンビネーションがこちら(笑)

AMNA「Hey Ho」

服の話・・

行きつけの古着屋で見つけたShotのライダースジャケット
ワッペンがべたべた貼ってあって、カスタム感満載(^-^)

以前はアメリカンのバイクに乗っていたので、ライダースは2着ほど持っている。
ただ、ここまでカスタムしてあるのは珍しいのと、値段が超安かったのでついつい購入

なかなかいい味出してると思う。

image









これは、ダイネーゼで作っているレザージャケットで、あのMOTO-GPのカリスマ、バレンティーノ・ロッシレプリカバージョンである\(~o~)/
しかも全世界500着限定・・・

いやーしかし限定とか、ラスト1点とか・・そういう言葉に弱い俺・・
まったくショップの思うつぼだ

このジャケットは結局国内に在庫がなかったので、イタリアから1ヶ月かけてお取り寄せ
ん〜ん・・満足(笑)

image









これもなかなかナイスなTシャツ
シックな中にも山内チックなおどろおどろしさを醸し出しています(^-^)/

image









そして驚くべきはこちら(^_^;)
何とも爽やかな品々

しかもSHIPS!
ここばかりじゃなくて、他にもBEAMSとか、ユナイテッドアローズとかこの手のセレクトショップなんて、爽やか過ぎて店に入っても店員さんまったく寄って来ない(^_^;
ある意味それは嬉しいんだが・・

たまにはこういう普通のさわやか系アイテムも買ってみたくなる
踊りでも音楽でもそうだが、同じようなスタイルが続くと何となく飽きて来るわ

いいんじゃない?たまにはこんな服も・・・

image

いい練習ができました

今日は午前中選挙に行って、そのあと1時30から平岡カルチャーでジュニアの練習

全体で通すのは少なめにして、ちょっと難しい振り付けの部分やターン、ジャンプなどの部分を
一人一人やらせてチェック。
その子、その子に合わせてキチンとコツを教えてあげると、子ども達はそれを素直に吸収してくれる
このリアクションが、教えていてとても楽しい(^-^)/

1回指導するごとに見た目がどんどん良くなる感じ。

何よりも今までまったく表情が無かった子や、何となくつまんなそうーに踊ってた子が
凄くいい笑顔になって、躍動感溢れる動きを見せてくれるようになった事

顔は踊り以上に見ている人に与える印象は大きい

一人の子に言った
「いつもそう言う顔で踊りなさい。可愛いんだから、その武器を出し惜しみするんじゃない」

床を見て踊るんじゃなく、自分の顔にもっと自信を持って堂々と観客にアピールする事
笑顔と元気は誰にも負けない。これがディメンジョンジュニアの持ち味だから

6時からは、場所を移動して大人の練習
昨日、踊っている途中に転倒して膝を痛めたメンバーがいる。
ステージの練習をやっているとどうしてもハードな振り付けが多く出てくるので、ケガはつきものだ
ただ、その時の床の状況、自分のコンディションなど様々な要因を感じ取りケガを未然に防ぐのも
ダンサーにとっては重要なテクニック

自分自身、本番前日のリハーサルで捻挫して(-_-;)大失敗した経験があるので、二度とそのような事は起こすまいと注意している。

今回は運悪く転倒してしまったが、本番までまだ1ヶ月あるのが不幸中の幸いか・・
他のメンバーも必死に踊るのはいい事だが、ケガをしては何にもならんので、そこは十分気をつけて欲しい。

踊りはジュニア同様、なかなか動きも揃って来ていい感じになってきた。
みんなそれぞれ自分の弱点を克服しようと頑張ってくれている。

だからこそ、メンバー全員ベストな状態で本番のステージに上がりたい。

あと1ヶ月・・・本番はアッと言う間に来るぞ

気を引き締めて行こう

今日は長時間の練習

この所、ずーーっと晴天続きで、超寒かった5月の埋め合わせをしてくれているかのような暑い毎日だ

そんな最高の天気の中、午後2時から夜9時までスタジオに籠もって練習である。

休憩の度に、外に出ると近くを通る高速道路から「フォーーーン」っていう音が聞こえたりして
いいなーーーなんて思う。

練習の方は、暑い中みんな長時間頑張ってくれました。

踊ってダメ出し、また踊ってダメ出し・・何回も何回も同じ事の繰り返し・・・
それでもまだ揃わない所はたくさんある。

音は耳で聞くものではない、スピーカーから響いてくるビートを身体で感じて下さい。

耳で聞こうとするから踊りの順番を追いかける事に必死になって、ビートから外れても気がつかない

もっともっと音を感じて下さい。

そしてその波動に身体をぶつけて下さい。

そうすれば自然と踊り方も変わるはずです。

激しい音には強い動き、やわらかい音には優しい動き

ビートを感じ、その波動に身をゆだねる事です・・・


また明日・・頑張りましょう(^-^)/

ジャズナウ練習

13日は、追悼ツーリング下見から帰って来て、ジャズナウの練習に行く

体育館で実寸での練習は貴重なので、しっかりと場あたりをして位置の感覚を確認

まだちょっと移動がスムーズに行かない所があちこちある・・・

踊りも、だいぶイメージに近づいて来たとは思うが、出来るメンバーと出来ないメンバーの差が開いてきて
ちょっと目立つようになってきた。

これからは、少し底上げに時間を取って特訓しないとアカンわなー

あっ・・・それとそろそろ自分も真剣に練習しないと、1人でウロウロしてたらシャレにならん

さぁ頑張ろう!自分


で、今日14日はジュニアの練習
まず汗をかく前にと言う事で、最初に衣裳合わせ。
女子のお母さん達にはちょっと手伝ってもらって生地をカット。

その後今まで保留にしてあった作品冒頭の部分を完成させ
一通り踊りの練習をした後、オープニングの場所決めと練習

何やかんやで、まだまだやらなければならん事がたくさんある。

子ども達には大変かもしれないが、色々な事の積み重ねがステージなのだ

最高の自分を見せられるよう本番まで頑張ろうな

亡き友を想い富良野へ

6月28日バイクの事故で命を落とした友人が企画して、みんな楽しみにしていた富良野へのツーリング。

彼は集合場所、時間、目的地までのルート、休憩ポイントなど様々な計画を立てメンバー全員に知らせていた。

本当は7月15日(月)の予定だったが、当日都合が悪くて行けない人もいるのでコースの下見も兼ねて13日(土)に自分を含め5名だけで行って来た。

三笠の道の駅で待ち合わせをして452号線で桂沢湖を通り、そこから135号線で富良野に抜ける、札幌からだと約3時間30くらいのルートだ。

気温は28度、とても暑かった。信号で止まるとエンジンの熱と照りつける太陽で一気に汗が噴き出る。連休でしかもラベンダーが見頃となっている富良野へのルートは、あちこちで渋滞していた。

でも今日は、そんな事より

「あいつも一緒に走りたかっただろうなー」

あいつの事だから

「メッチャ暑いっすね〜もうヤバイっすーーーハッハッハ〜」って

大笑いしながら信号待ちで叫ぶんだろうなーとか・・・

そんな事ばっかり考えてしまった。

富良野では有名なラーメン屋行き、そこでも「あいつは間違いなく大盛りだな・・」(笑)
などとみんなで話した。

本当になんで1人で逝っちゃうんだろう??

まだまだ走った事ない所、いっぱいあんだろ?
見た事ない景色・・いっぱいあんだろ?
食べた事ないもん、いっぱいあんだろ?

コーナーでバイクを倒し込む度に・・なんで?なんで?なんで?って思った

メンバーの1人が最後に言った言葉

「俺たちはさ、あいつの分までたくさん走って、たくさん笑って、ずっとバイクに乗り続けようや」

「そしてたまに、おやっさんの所でソバ食べながらあいつの話しようや」

「それが一番、あいつの喜ぶ事だと思うから・・・」

「俺たちがいつまでも落ち込んで、バイクから離れるような事はあいつも望んでいないと思うよ。」


その通りだと思った。

これからも、時間の都合がつく限り お前の分まで俺たちは走るよ

それがバイカーとしての使命だと思うから・・・


image



少し見えて来た・・・

水曜日・・ジュニアのジャズナウレッスン

一応日曜日に振り付けが完成したので、今までスルーしてきたポイントを
最初から順を追ってダメ出しする。

子ども達は頭も身体も非常に素直なので、指摘するとすぐに動きが変わる・・
ただ、今日は良くなっても次回に同じポイントに来た時に、元に戻っている場合も多いので、常に指摘し続けて完全にマスターするまで根気よく指導する必要がある。

それが本当の意味での上達・・ってやつだ。

本番まではまだ時間もあるから焦らずにチェックして行こう。


木曜日・・大人のジャズナウレッスン

注文していた1曲目の衣裳用の生地が届いたので、メンバーで裁断して配布
あとは自分の身体に合わせて縫い上げて下さい。

踊りの方は、細かい部分のチェックとカウントの調整
こちらもかなりまとまって来た。

ステージの振り付けをして毎回思う事、それはやはり基礎的な身体の使い方が出来ているかどうか?
どんなに派手な技をやろうと、どんなに高速な振りを踊ろうと、やはり基本となる身体のポジションが取れてないと全体的なバランスが悪くなる。

膝の向き、足先の処理、手は指先までしっかり伸びているか?
ターンの時の軸、背中は真っ直ぐに伸びているか?スポットはきちんと取れているか?

書き出すと切りがないのでこれくらいにするが、それくらい基礎が重要なのである。


今からでも決して遅くない。本番ギリギリまで自分の身体をチェックしてほしい
振り付けを覚えるのが最終目的ではない。いかに美しく、いかに華麗にステージを舞うか

セルフチェックを怠っては見ている人に何も伝えられないよ

あと1ヶ月半、最後まで諦めず頑張って行こう(^-^)/


image

海に行ってみた・・・

今日はまず、午前中バイク用のレーダー探知機を取り付ける

一応通常のバイクの場合、ミラーの取り付けボルトに一緒に噛ませるような形の
ステーが付いている。
ただ、このバイクにそんなミラーは付いてないので、半ば諦めていたんだがあちこち探っているとETCの下にいい感じのビスを発見「おおっ?これに噛ませばいいんじゃね?」
と思い早速やってみる。

ビスの大きさよりもステーに空いている穴の方が大きかったので、工具の中から平ワッシャーを探して対応。

なんと場所的にもドンピシャで操作するにあたって何の邪魔にもならん見事な仕上がり\(~o~)/

ナイスです。


image








image









あとは、ヘルメットに受信装置とスピーカーを取り付け、レーダーから出る音声をBluetoothでヘルメット内に飛ばす。ペアリングに少々時間がかかったが、何とか転送可能なようだ。
ただ問題は、このガシャガシャドコドコうるさいDucatiで、走行中にその声がきちんと聞こえるのかどうか??

やってみました・・・

まぁヘルメットがアライの超静かなトップモデルって事もあるが、一般道なら60km〜70kmくらいまでは結構聞こえるレベル
でも高速に入って、90kmとか100kmとか出た時は風切り音も大きくなるので、さすがに何を言っているのか聞き取れない。

取り敢えず、一般道でそんな速度になる事はないから大丈夫だろう。

image








で、今日は小樽のさらに奥の祝津(しゅくづ)まで行ってきた。
ここは水族館がある事で有名な場所。子どもの頃は良く来たもんだ。
(おおーそう考えると歴史長いなー小樽水族館)

その近くにある海沿いの食堂に入って、やたら目に付いた文字

ウニ丼あります

おおお??せっかく海に来たんだから、たまにはいっか・・・とすぐさま注文

しばらく待って出て来たのがこれ↓超ウマそう(^-^)/
しかも、ウニはご飯にかかってなくて、海水に浸してあるウニが別皿で登場・・・
さらに味噌汁はホタテ・・・(@_@;) こんな小さなホタテは見た事がない。
ん〜ん・・色々と驚いた。

味はさすがに取れたてのウニだけあって新鮮そのもの。

このセットが2.800円は安い

image









帰りに祝津の港に寄る

真っ青な空、マリンブルーの海、そして赤いDucatiのコントラストが最高です。

本当に短い北海道の夏、一瞬で通り過ぎるからこそこの美しい景色をしっかり目に焼き付けたい


image
訪問者数

Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ