踊ってなんぼ・・・

振付師、ダンスインストラクターとして日々踊り続ける男の日記。

2007年09月

ありがとうございました。

Dance Dimension 
Showcase2007「against」
お陰様で無事終了しました。

御来場下さいましたたくさんの方々

受付回りをボランティアで手伝ってくれた皆さん

照明、音響、舞監他舞台スタッフの皆さん

遠くから綺麗なお花や差し入れを送ってくれた皆さん

本当にたくさんの方々の力が集まって成功した舞台です。

皆様方の暖かい御支援、心から感謝申し上げます。

そしてこれからも、この感動を忘れる事無く

日々レッスンに励み、また次のステージへ向け努力していきたいと思います。

本当にありがとうございました。




Dance Dimension 代表 山内法昭




参加した生徒達、風雅のメンバー

今日は本当にみんな輝いていた。

この拍手と感動をいつまでも忘れずに、これからも頑張って下さい。










フィナーレ

総見終了

朝、青森から帰ってきて家に着いたのは3時30過ぎ

あらかじめ用意しておいた衣裳や音響などをチェックして

総見の会場へ向かう。

今日は道具も衣裳も全て本番同様に行う。

風雅のメンバーも参加して初めて合同でのリハーサルだ。

問題は自分が一緒に踊っている曲のチェック。

やはり他の曲と比べてダメ出しが手薄になってしまう。

残る練習は、ゲネを入れてあと2回

その辺を重点的にやらなければイカンな。


話は変わって・・・

この前、久しぶりにチェコットに行った。

最近店の周りに猫が住みついているらしい・・・(@_@;)

チャコットと言えば札幌のド真ん中でビルが建ち並ぶオフィス街

そんな所に猫が住みつくとは珍しい話だ。

帰り、店から出てくると階段の所に数匹がたむろしていて

近づいていくと、ほとんどがパーーと走り去って行ったが、なぜか1匹まったく警戒心がなく

落ち着き払っていた1匹

カメラを向けてもこの通り・・・




ねこ












でも、何となく癒された一瞬だった。

まさに「CATS」

こうやって店から出てくるダンサー達に「頑張って!本番はきっと成功するよ」

とエールを送っているように見えた。


古牧祭りや9.22

今日は古牧温泉
10月の6日、7日のみちのくYOSAKOIに向けて「古牧のれそれ魂」の最終チェックである。
本番に出場するメンバーも決まってフォーメーションを決定したり、細かい振り付けの確認とチェックなどを行う。

ショーケースのリハーサルの関係で、どうしても明日の午後には札幌に帰らなくてはならず、日曜に練習ができないので、今日1日の集中練習となった。

到着してすぐメンバーを集め一つ一つ確認作業を行う。
順番はしっかり入っているが、手の出し方や身体の使い方がまだまだ曖昧で微妙に揃っていない。
そこら辺をしっかり確認して一度解散

夕方からは祭りやが営業を開始するので、メンバーは仕事に専念する。


接客して、ショータイムでは太鼓に笛に、ねぶた祭りの跳ね人、さらには「のれそれ魂」の踊り披露と最後はお客さんを引っ張り出して総踊り

まさに体力勝負の仕事。

6時頃スタートして終了は9時その後片付けをして

10時から練習再開。終わったのは12時を回っていた。

メンバーのみんなホントにお疲れさん。



祭りや9.23










って事で・・・









やっぱりこれはやらなきゃイカン訳だ・・・













花笠










ステージを感じる・・・

ステージとは特別な空間である。

ギラギラのライト、見下ろす客席、床に敷かれたリノリューム、忙しなく動き回るスタッフ・・・

通常の生活とはまったく違う異空間

初めてそこに立つ者は、この独特の雰囲気に飲まれ立ちすくむ。

だが、何回かそれを繰り返していくと、この恐怖と緊張感がたまらなく心地よくなってくる。

それがステージなのだ。

今日は初めての現地リハーサル。

観客はいないものの、やはりここに立つだけで気分は戦闘モードに突入する。

床の状態、出ハケの順序、立ち位置の確認などをチェックしながら1回通してみる。

やはりいつものスタジオとは訳が違うので、ドキドキしたメンバーも多いだろう。

本番はこの客席が満杯になる。

踊りなんて少しくらい間違ったっていい、立ち位置だってずれてもいい

自分は何のために踊るのか?誰のために踊るのか?

一人一人が自分の思いを精一杯ぶつけて欲しい。

色んな事を犠牲にしてここまでやってきたんだから




コンカリーニョ1







コンカリーニョ2

あと10日

ショーケースまであと10日になりいよいよカウントダウン。
16日は1回目の総見をやった。

衣裳もほとんど出来上がって、着替えのタイミングも何とかいけそうだ。
フィナーレの順番、振付もすべて終わった。

これで一応、いつでも幕は上げることができる。

ちょっと心配なのは、やはり踊っているときの表情

ん〜ん・・・曲によってバラツキはあるが、まだまだ表現と言える所までは達していない。

これから本番までの課題は「心」その曲と振付の心を身体の外に出して踊れるかどうか?激しい感情はもっと激しく、楽しい感情はもっと輝いて・・・

まだまだ喜怒哀楽が弱い。もっともっと前面に出さなければ見ている人には伝わらない。

それともう一つはケガ。長時間の練習や滑りやすい体育館での練習は足に負担をかける。
今、ケガをしてしまっては今までの練習はすべて水の泡。

リハーサルは明日19日、23日、27日・・・あとは前日のゲネだ。

身体のどこかに故障がある者は、本番まで休むところはしっかり休んで体調を整えてほしい。

みんなにはそれぞれが持っている力100%を出し切ってほしい。

そのために残りの時間は、いかに心を表現するか?と身体を休める事に専念して
最高の状態で本番日を迎えられるようにして下さい。

お陰様でチケットは昼も夜もほぼ完売です。

みんなで力を合わせて、この舞台成功させような。

整理整頓は大切・・・

いよいよ明日の総見リハーサルに備えて衣裳やら小道具やらを最終確認。
シューズも踊る演目によってたくさん用意しなければならない。

黒のスニーカー、ヒールの付いたブーツ、コンテンポラリー用のサンダル
それに白のジャズシューズも使う・・・ん?白シューズ??

はて?どこにあるんだ??

ない・・・

あっちもこっちも開けては閉めて・・開いては戻して・・・

やっぱりない・・・(-_-;)

白シューズなど普段のレッスンでほとんど使わず、舞台の時くらいしか出番がないので、前回の舞台終了後すっかり奥の方に片付けてしまったらしい・・・

大捜索開始・・・ってもっと早くに捜索していれば良かった・・・(反省)

あっちこっち捜索する事およそ2時間・・・

ありました\(^0^)/

はぁ〜これでスッキリしました。

今度はもっとわかりやすい所にしまっておこう。




白シューズ

完成しました\(^0^)/

今日ショーケース2007の振付全18曲すべて完成した。
リフトなどの細かい詰めと、自分のソロはまだ残っているが、取り敢えず全部の曲が最後まで完成した。

本番はヨサコイのチーム2曲とフィナーレを加えて21曲となる。

発表会は独立してからこれが4回目となるが、毎回すべて完成した瞬間縛り付けられていたロープが急に解けたような開放感がある。

しかし、本番まではおよそ3週間。

おそらくあっという間だろう。

そして本番も始まったらあっという間に終わってしまう

それが舞台・・・

これから踊り込みはもちろん、衣裳のチェック、小道具などの確認、舞台上の装飾をどうするか?チケットの販売など・・・

まだまだやる事は山積みだ。

2年ぶりの発表会。メンバー達はそれぞれの思いがあり、それぞれの苦労と努力がある。

一瞬の輝きのため、時間を削ってこの舞台のために費やしてきた。

興味のない人から見れば、およそ理解不可能な世界と無駄な時間に感じるかも知れない。

でも、舞台に立つ人間は、舞台に立った事がない人間にはわからない宝がある事を知っている。

その宝とは何か?

それが知りたい人は、一度 舞台に立ってみるといい。

出口が・・・見えてきた。

昨日、やっとパンフレットの原稿も出来上がり印刷屋に出した。
最後まで残っていた2曲のうち1曲は完成。ラストの曲も残り8×8で完成。

やっと、やっと出口が見えてきた・・・はぁ〜長かった(-_-;)

さて、問題は自分の踊りです。ハイ。わかってます。

これでやっと集中して自分の踊りが練習できます。

よーし、1回目の総見まで1週間。気合いを入れ直して頑張らねば。

今日はダメです・・・

今日朝7時に起きて飛行機で帰ってきたせいか
夜の振り付けと練習は身体もフラフラ・・・脳も回らず・・・

疲労困憊なので・・・これにて失礼

回復しました・・・。

今週ずっとショーケースの事で色々考える事が多く
心身ともに疲労していたが、少し楽になったので書いてみます。

まず、先週金曜日は千葉に行ってM☆Splash!!の応援とチェック
約1ヶ月踊り込んできただけあって身体のキレ、踊りの正確さ
フォーメーションなど全て完璧に踊りこなしていた。
驚いたのは声。ピッチャーマウンドから観客のスタンドとはかなり離れているにもかかわらず、メンバーの声がしっかり聞こえていた。
かなり本気で声をだしているのだろう。これにはビックリ。

ただ、終わってからメンバーを前にして「とても良かったよ」と声をかけるも
一同はあまり納得してない様子。
理由を聞くと、それぞれ個人的にうまくいかなかった所があったり
途中に現れるMの文字が少し歪んでいたらしい・・・。

まぁこの辺がプロとして観客の前に立っている者達の拘りというかプライドのような物だろう。
確かに、どんな時でも90点ではダメなのである。100点で当たり前そういう意識がないとこの世界で飯を食っていくことは許されない。
オーディションで選ばれるという事はそういう事だ。

マリーンズの仕事をするようになってから(別に仕事をもらったからって訳じゃないが)いつもマリーンズの試合を注目するようになって選手の顔や名前もかなり覚えた。
スタンドはほとんどマリーンズファンに埋め尽くされているし、自分もせっかくだから雰囲気に合わせようと思い。レプリカユニフォームを着てチャンスには一緒に応援していた。
なかなか楽しいもんだ。

試合終了後、スタジアムの入り口に特設ステージがあって、M☆Splash!!がファンのためにショーを行っている。
3名〜5名くらいのユニットを組んでジャズやらHIP・HOP、フラメンコからスイングジャズ・・まぁさすがに芸達者が揃っていて、どんなジャンルでも踊りこなす。

写真をたくさん撮ったのだが、ブログにアップしていいものかどうか解らないので
まだ出さないでおこう。

とりあえず、7回終了後に打ち上げられる2000発の花火が圧巻だったのでその写真を載せよう。
これがドーム球場では味わえない良さなのかな〜?見事でした。


花火

訪問者数

Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ