踊ってなんぼ・・・

振付師、ダンスインストラクターとして日々踊り続ける男の日記。

2007年08月

最後の試練

いよいよショーケースの振付も終盤に向かい最後の1曲となった。
その他にソロのスローはまだ残っているが、一人なのでそんなに苦労はしないだろう。

今まで超ハイペースな振り付けでガンガン進めて来たが、やはり物事そんなに甘くはない。
さすがの俺も16曲振り付けしてしまうと、引き出しの中が少なくなる。
おまけに最後を飾る曲だから華々しく終わりたいという希望も捨てられない。

あれこれ考えながら作っていると1×8考えるのにしばし時間がかかる。

次は何でいく?ターンか?ジャンプか?移動か?送りか?
何度となく脳に催促をするが、なかなか返事が返ってこない。
自分でも頭の中がイライラしているのがわかる。

今までの経験上、こういう時はどんなに考えてもいい振り付けは出てこない。
さっさと切り上げてしまった方が良いのだが、今日は最後まで抵抗してみた。
結果・・・やはりダメだった。

何とか3分の1まで進んだが、自分的には遅すぎるペース・・・はぁ〜・・

明日は千葉マリンに行って、M☆Splash!!のチェックと応援だ。
飛行機やバスに長時間乗るので、ボーとしながら頭をクリアにしてこよう。

全然違うものを見たり聞いたりすると、また違ったイメージが膨らんで来るかも知れない。

これは振付師に課せられた試練である。

これを乗り切らなければ、自分の練習時間は無い。
そのためにも早く仕上げられるよう頑張らなくては・・・

便利になりました・・・。

昨日と今日は広い会場を借りて本番と同じスペースを取り
出ハケや立ち位置の確認などを行いながら踊り込み。

まだ未完成が2曲あるものの、一応「通し」ができるようになった。

この2日間非常に天気が良く気温も30度近くなっている。
会場に向かう道路が渋滞しててちょっとムカツク(-_-;)

それと同時に当日配るパンフレット用の顔写真を撮影した。
しかしまー最近は便利になったもんで、デジカメで撮影してPCに繋げば
あっという間にデータとして取り込める。
フィルムの枚数なんて気にしなくても大丈夫。
撮り終わったら、解像度と明るさをちょっとレタッチソフトで加工してグラフィックソフトに並べれば

ハイ!CASTのページが出来上がり・・・

昔は大変でした・・・

まず、大量にフィルムを購入。撮影が終わるとラボに持って行って同時プリント
出来上がってから写真を確認。
この時点で、失敗が判明し撮り直しになる奴が必ず何人かいる

成功した写真はスキャナーにかけてやっとPCに取り込みそれから加工と配置

過去の経験では、出演者の人数が160人越えってやつがあって、それを全部この作業でパンフレットに載せた事がある。

さすがにあの時は、自分の仕事が何であるか時々わからなくなった(笑)

何でも便利になる事はいい事だが、一応短い間ながら写真を撮って飯を食っていた事がある自分としては、カメラにフイルムを装填して、絞りやシャッタースピードを確認して「よーし撮るぞ!」って意気込む時のメカニカルな感覚とか、プリントに出してから出来上がるまで、どんな風に撮れているんだろうってちょっとドキドキする感覚とか・・・

そういう写真撮影の醍醐味みたいな物が失われていくのは、ちょっと寂しいような感じがするな。



ちょっと疲れました・・・(-_-;)

ショーケースの振り付けも残り2曲となりもう一頑張りなんだが
本番が近づいてくると、衣裳の事やパンフの製作、背景のオブジェや演出上の事など・・・
考えなきゃならん事がたくさんあって、まったく落ち着かない。

性格的にせっかちなので、何でもパッパッパと決めなければ気が済まないんだが
あれこれ色んな事を同時に考えると、結局どれもまとまらない・・・(-_-;)

一つ一つ片付けていけばいいだけの話なんだが、やっつけ仕事はしたくないので、あれこれ考える・・・。

考えてばかりいるから身体よりも頭が疲れて、夜眠れない・・・

今日は昼レッスンの後、衣裳に使える服を探しにあっちこっち走り回った。
舞台衣裳で難しいのは、同じデザイン、同じ色の物が複数枚必要なこと。
1枚キリなら結構あるんだが、5枚揃えるとなるとなかなか難しい。

本番1ヶ月前・・・踊る方も作る方も、今が一番キツイ時かも知れない。
でも、これがなきゃ本気の舞台じゃないんだな。

はぁ〜早く全部終わらせて、踊り込むのみの状態に持って行かなくては・・・

生地カット

今日は小学校の体育館を借りて生地カット&振り付け
ショーケース常連のメンバーが段取りをつけてくれるので
新人達は戸惑いながらも何とか印付け、裁断の作業を行う。

衣裳に関しては、よさこいなどの場合一括して業者に依頼するのが普通だが
予算が取れないジャズダンスの発表会などは、ほとんど自分達で作る。
また演目によっては自分達の私服でまかなう。

人によっては裁縫どころかボタン一つ付けたことがないメンバーもいるだろう。
そんなメンバーが、いきなり生地カットからジャケットを作ったりするんだからそりゃ大変だ。
おそらく踊りよりも苦労するだろう。

しかし、踊りはもちろん、衣裳製作も、チケットの販売もすべてが勉強
舞台とは、踊りだけ踊っていればいい訳じゃない。
踊り以外のたくさんの事をトータルして舞台活動であり、それを乗り越えてこそ味わえる達成感がある。

華やかなステージとは正反対の地味な部分だが、だからこそみんなには頑張って欲しいと思う。


生地カット1







生地カット2







体育館を半分に仕切って、こちらはステージの場ミリの中、新たに追加した曲を振り付け。
これまた怒濤の振り付けで、残り15×8で終了。

生地カット3








ここは11時から5時までで終了。その後はいつものスタジオに移動して練習と振り付け
終わったのは10時・・・

今日も長い1日だった。でも・・・もう少し・・・もう少しで全て完成する。

自分もみんなも今が一番大変な時期かも知れない。
振り付けが完成すれば、あとは踊り込むのみ

1日も早くそこにたどり着けるよう頑張らなくては・・・。

筋肉痛の毎日・・・

まー世間ではお盆と言うことで、お墓参りやら家族旅行やらと
バケーションの1週間だった訳だが、自分は相変わらず振り付けと事務処理の毎日。

それは毎年の事なので、別段気にもしていないが最近筋肉痛が激しい。

通常のレッスンではいくら激しい踊りをやっても筋肉痛になるなんて事は滅多にない。しかし、舞台練習ではリフトが付きものなので、これをやるとさすがにいつも使わない筋肉が悲鳴を上げる。

今回は左足太ももと両腕が筋肉痛。あと数回練習で使えば何とか慣れてくるだろうが、今はちょっとキツイ。

多分、上にあがったり、下にぶら下がっている方も慣れるまで大変だろうが、本番スマートに決めたいので毎回キッチリ練習していかなければイカンな。

明日は、体育館を借りて全員で衣裳の生地カットだ。
踊りはもう80%くらい出来上がっている。手つかずの曲は2曲だけだし、
これで衣裳がある程度メドがつけば、本番までひたすら踊り込むのみ。

ここへ来て、最初全然ダメだった初参加メンバーも少しずつ目立たなくなってきている。練習に望む姿勢もとても真剣だ。よさこいもジャズダンスも、テクニックだけでは何も伝えられない。ひたむきに頑張っている姿勢を見せてくれれば、それはそれで清々しい印象を受ける。

あと1ヶ月半でどこまで上達してくれるかとても楽しみだ。

北海道でも暑い日はある・・・

今日は最高気温が33度。
札幌としてはとても珍しい・・・暑さに慣れてない札幌市民は大変である。

朝は昨日印刷したチケットをひたすらカッティング・・・カッティング

その後、裏面に印鑑を押して完成。それを出演者ごとに袋詰め
これで一安心。

3時からサルサチームの振り付け&練習があったので、2時過ぎに家を出る。
車の中が暑い・・・なんせお年寄りの車なので(笑)エアコンの効きもイマイチ悪い・・・(-_-;)

始めてからおよそ2時間、5時までやってサルサは1曲完成。

それから駅裏のスタジオに移動して、ジャズチームの練習。
中学生2人だけで踊る曲を最後まで仕上げてから、大人達のチェック。

この2日間は進むことよりも踊り込みと細かいチェックをする事に専念。
けっこうアバウトに踊っていた部分もあって、1つ1つやっていくとあっという間に時間は経つ。

終わったのは10時

取り敢えず、昨日と今日で2曲完成させたし、細かい踊り込みもできた。
なかなか有意義な2日間だったと思う。

いや〜それにしても・・・あづい・・・(-_-;)

プリンターも頑張る

今日は午前中ずっとPCの前でチケットのデザイン
毎回、チラシのデザインを改造してチケットに流用する。
今回も、チラシに使った写真を縮小したり、文字を配列しながら
あーでもない、こうでもない・・・と色々やってみる。

何とか昼頃までにデザインが完成し、プリント作業に入る。
今回は会館のキャパが200なので、昼と夜で最低400枚
でもキッチリでは困るのでそれぞれプラス20枚くらいは用意しなければならん。

いつもの事だが、チラシもチケットも赤と黒が多い・・・(-_-;)
よって、プリンターも赤系のマゼンタと黒のインクが異常に早くなくなる。

案の定途中でインクがなくなりそうになったので、裏のジャスコに買いに行く。

夕方からのレッスンには間に合わなかったが、何とか全て印刷できそうだ。

6:30からは練習。今日は振り付けではなく踊り込みの日と決めていた。
先へ進むのも大事な事だが、できあがった曲を時々踊り込んでおかないと
細かい部分をドンドン忘れていってしまう。

お盆前という事で、欠席者も多かったが、今日はかなり細かい部分まで
繰り返しチェックできたし、出来が悪くて不安だったメンバーも少し安心したようだ。

あとは、今日同じ部分ができなくてを何度も練習させられた人

気をつけるポイント、立ち位置、通り道などなど次回の練習で今日の成果が出せるよう頑張ってほしい。

それと、お盆休みのような連休はお客さんも多いし、飲み食いの場も増える
気持ちはわかるが、1ヶ月半後に衣裳を着てステージに立つという事をくれぐれもお忘れなく・・・。

着々と完成

今日は昼のレッスンでえらい目にあった・・・(-_-;)
Fit平岡が現在工事中で、いつもレッスンしているスタジオが使えず
ホットヨガ用に作ったスタジオでレッスンしてくれと・・・えっ??

スタジオに入るなり・・・「うっ・・暑い・・」

そりゃそうだ。なんせホットヨガ用のスタジオなんだから冷房がガンガン効いている訳がない。

おまけに狭いから熱気もこもって暑い暑い・・・

蒸し暑いのが大の苦手の俺にとっては最悪の状況。
ウオーミングアップの時から意識が遠のいて行きそうだった。

いや、自分の事より生徒さんが具合悪くなって倒れたら大変だし
その辺の所をもうちょっと考えて欲しいもんだ。

来週はお盆で休み、最終週は全館工事のため休みだそうで、ここでレッスンするのはあと1回

はぁ〜・・・それでもちょっと憂鬱。

夕方はキッズのレッスンでこれまた汗だく・・・
この頃は北海道のくせにやけに蒸し暑い。

終わってからショーケースの振り付け
今日はやっかいな曲を2つだけ呼んでガッチリ振り付け
1曲目はあと1コーラス、およそ1分で終了。

2曲目は、なんと自分のソロを除いては最後まで完成してしまった(@_@;)
我ながら驚き・・・

こうなると、まったく手つかずが3曲、進行中が4曲、あと12曲は全部完成しておりますね・・・

おお〜こりゃもしかして予定通りのいいペースって事です・・はい。

さてそれなら、明日と土日はちょっと踊り込みでもしておこうか

みんな・・あともう少しだ〜頑張れ〜

おめでとう\(^0^)/

8月4日、5日に行われたよさこい富山祭りで
「韋駄天HANABI」が大賞を受賞した。

昨年は準大賞で今年は大賞。

それまでずっと「色物扱い」で踊り的にはあまり認められなかったチームが
この変わりようだ。
チームというものはちょっとしたきっかけで大きく変わる。
このチームはもともとやればできるチームだったのかも知れない。
でも、たまたま今までそのエネルギーを踊りに生かせる振り付けと演出ができなかっただけ。

まさに、いい意味で「化けた」チームである。

自分はあっちこっちでチームを化けさせている(笑)

だから、どちらかと言うと、もともと入賞常連のチームよりも
まったく無名のチームを化けさせる方が楽しい。

あのチームがこんなに踊れるなんて!!って言われるのが最高なのである。

韋駄天HANABIのみんな本当におめでとう!

どんなチームも色々な苦労があり、トラブルがあり、犠牲を伴って頑張っている
別に賞を取る事だけが目的でやってる訳じゃないが、結果として形になって現れる事は、メンバーにとって大きな励みになるだろう。

これからも、富山県を代表するチームとして他のチームの良き手本となるよう頑張って下さい。

そしていつか、みんなの勇姿を生で見られることを楽しみにしています。

古牧2007完成

いや〜暑かった・・・久し振りに全身汗まみれの振り付けで
最後の方は頭もボーーっとしてきて、自分で作った振り付けを忘れてしまうほど・・・。
やはり、北海道育ちの人間にとってこの気温と湿気は苦しい〜

それでも2日目である今日の昼前には、すべて完成した。

代表が、これから祭りやで去年の踊りをショータイムで踊るというので
昼食は「祭りや」で食べる事になった。

威勢のいいかけ声、躍動感のある動き、ほほ〜さすがは1年間踊り続けてきただけの事はある。

去年も同じ時期ここに来て振り付けしたが、その時はホント大丈夫かいな?って感じのヘロヘロ踊りだった。

しかし何の何の、やはり踊りは継続が大切。

見事なパフォーマンスを見せてくれて、ちょっと感動した。

今回の踊りも難関はたくさんある。昨日今日ではまったくできなかった。
しかし、しっかり踊り込んでいけば十分良い踊りができるようになるだろう。

頑張れ「古牧のれそれ魂」




古牧8.5.1







古牧8.5.2





古牧8.5.3


訪問者数

Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ