踊ってなんぼ・・・

振付師、ダンスインストラクターとして日々踊り続ける男の日記。

2007年06月

鳳翔乱舞2回目

今日は2回目の仙台です。
ここ2週間、風邪にやられてグダグダの状態だったが、ようやく回復
気分もスッキリ飛行機に乗り込む。

空港には代表夫妻がお出迎え。
開口一番「大丈夫ですか〜〜?」

みんないつもブログを読んでくれてるらしい。有り難い事です・・・

練習会場に着くと、とても蒸し暑い室内でメンバーはすでに汗だく(^_^;)
うわーこの湿気は厳しいな〜

って事で、まずは踊りのチェック。

前回振り付けを終了した時に「次に先生が来る時には、おおお〜っ!」と言わせて見せると豪語していたので(笑)とても楽しみにしていた。

で、結果・・・「ほほ〜〜」でした。

まず、振り付けの順番を覚えるという部分は合格です。
構成(立ち位置)を覚えるのもまずまず合格です。
踊り方・・・身体のキレやポーズの取り方、これがやはり、まだまだ改善するべき点が多く今回の2日間はこの部分を重点的に進めようと決定。

まぁでも、振り付けを覚えなければそこにも行き着けない訳で、この段階までよく頑張ったと思う。

やはり、踊りは練習量です。練習がついつい休みがちになってしまうと、身体はどんどん忘れてしまうので、なるべく休まないで継続する事が大切。

ね、代表!(笑)



鳳翔乱舞6.30.1









曲選び

さて、そろそろ真剣にショーケースの準備に取りかかろうと・・・
今日はレッスンの合間に曲を選んでみた。
あれもいい、これもいい、あの曲は誰だっけ?
色々とCDを聞いて一応候補曲18曲を選んだ。
まだ決定ではないが、曲ってのもファーストインパクトが大事で
聞いた瞬間に「おっ!」って思った曲は、まず大丈夫。
いい曲は聴いただけで自然と振り付けが頭の中にどんどんイメージできる。
逆に「んんんん〜使って使えないことないけど〜」ってな感じだと
まずダメだ。

よさこいもそうだが、曲はパフォーマンスに於いて非常に重要な役割を果たす。
いくら振り付けが良くても曲が悪いと魅力も半減・・・

そういう意味では、曲選びがステージを成功させる意味でとても大事なのである。

幸い、今年もいい曲がたくさんある。

見に来てくれたお客さんには踊りだけじゃなく。いい曲を聴いて楽しんでもらいたい。

行ってきました千葉マリン!

今日は午前中、上総舞来人の総仕上げをやって
午後から「千葉ロッテマリーンズ専属チアパフォーマー M☆Splash!!
振り付けの打ち合わせで、行ってきました千葉マリンスタジアム




千葉マリン1








マリーンズの選手は神宮球場へビジターの試合に行っているので、今日は社会人野球の試合が行われてました。
日本通運 VS ホンダ それが結構盛り上がってて面白かった・・・(^^)/


千葉マリン2









千葉マリン3








マリーンスタジアム名物「バレンタイン神社」(笑)おもしれー〜


千葉マリン4








とりあえず、記念撮影・・・
隣にいるのは踊りの打ち合わせや、球場内を案内してくれたM☆Splashのエース Mちゃんです。


千葉マリン5










まだ公式に発表していないので、詳しいことはまだ言えないが、かなり壮大なプロジェクトになりそうだ。
さすがにちょっと緊張してきたぞ。ホントに大丈夫かいな?

7月14、15はメンバー全員に振り付け。
M☆Splashは今年、430人の入団希望者からオーディションして合格したのはわずか37人
かなりの倍率で選ばれたメンバーだ。

http://www.marines.co.jp/team/msp.html

担当者曰く「どんな踊りにも対応可能です。ガンガンやって下さい」(笑)

実に嬉しいお言葉「はい。遠慮無くやらせていただきます」

しかし残念なことに、M☆Splashの踊りはCSなどでもほとんどその場面は放送される事がない。
実にもったいないと思う。

って事で、この踊りが見たい方は是非、千葉マリーンスタジアムまで来て下さい

夏限定のパフォーマンスで7月31日〜9月2日まで行う予定です。



何とか頑張りました。

火曜日から風で体調を崩し、出張があるのにどないしよ・・って思っていたが
そこはやはり気合いと根性で乗り切った。

今日は千葉県木更津市。
主な仕事は「上総舞来人」のパレード向けフォーメーション変更
幸いにして、ステージ用の振り付けを大幅に変更することなく、何とか最後まで行けたと思う。
ステージの踊りもまだ慣れてな新人メンバーには好都合だったろう。

踊りはというと、前回振り付けした時に比べると、動きもスムーズで中々頑張っているようだ。
ただ、手のキレ、立ち位置の調整などは、まだそこまで気が回らないって感じだった。
ある程度の所までやって、最後に踊り方の細かい確認。
順番はある程度覚えてはいるものの、手足のキレや身体の伸び具合がまだまだだったので
一つ一つチェックして修正していった。

みんなやる気は満々なんだが、ついつい身体に楽をさせてしまって、一人一人の動きが小さい。もっと高く、もっと下へ、もっと速く・・・「もっと」がかなりあった。

まーしかし、本番は8月なので、今回ダメ出しした部分をしっかり気をつけながら練習して欲しいと思う。




九拾九坊1






ここは、築およそ230年という歴史的とも言える古い民家を改装してのソバ屋
これがなかなか風情があっていい感じだった。
木更津に行った際は是非立ち寄ってほしいお店の一つだ。
店の佇まいもGood。何より味もGoodです。

手打ちそば茶屋「九十九坊」
千葉県君津市内箕輪1-14-30




九拾九坊2







舞来人のみんなも前回よりも数段キレが良くなって着実に上達してました。

上総舞来人1








上総舞来人2



回復せず・・・(-_-;)

昨日、点滴を打って何とか4レッスン頑張ってみた。
朝のストレッチとエアロはふらふら、夕方のキッズと夜のアドバンスは途中意識が朦朧・・・(-_-メ)

年のせいか病気も治るのが遅いわさ・・・

今日も午前のレッスンでは全くからだが動かず・・・
回復の兆しがないので、先ほど再び病院に行って点滴を打つ。

はぁ〜・・・明日は久し振りの出張。
千葉で重要な打ち合わせがあるので、何とかいい状態で行きたいもんだ。

おおーい、しっかりしろ〜自分。

ううう・・・

火曜日から何となく体調が悪かったんですが・・・ついにダウン
昨日のレッスン・・今日の午前のレッスンは意識が朦朧と・・・・

ジャイアンツが勝ってるから立っていられるようなもんです・・・

はぁ〜・・具合悪・・・

これから病院行ってきます・・・(-_-メ)

始動

YOSAKOIソーランが終わって、ちょっと放心状態だった1週間・・・

去年の11月くらいから取りかかって、およそ7ヶ月
地元北海道はもちろん、千葉、富山、石川、京都、三重、宮城・・・等々
様々チームの所へ行き振り付けをして来た。
全てのチームが札幌のYOSAKOIソーランに向けての振り付けではないが
とりあえず、長い長い練習の日々がやっと一段落した。

まだ少し仕事は残っていて、来週は千葉、再来週は仙台なのだが、これはほとんど出来上がっている振り付けのパレード用フォーメーションをやるだけなので、そんなに大変ではないだろう。

そこで、いよいよ今年第4回目のショーケースに向けて準備を開始した。

約2年ぶりとなるショーケース。過去3回人数が少ないながらもそれなりの舞台をやって来た経験があるので、何をどうすべきか?という事はわかっている。
始まったら最後、また怒濤の振り付けに追われる日々が来るんだろうと思うが、それが一つのやり甲斐でもあり、楽しみでもある。

本番は9月29日(土)昼・夜2回公演

明日からメンバーを募集して来月早々振り付けを開始する。
まずは、今月中にある程度曲のメドをつけメンバーの割り振り
今回はよさこいのメンバーにも声をかけ、やる気のあるチームには是非参加してもらおう。

さーて、気合いを入れ直して頑張らねば!

今村組・・再びファイナルへ

正直、今回ばかりはダメかも知れない・・・って思っていた。
ファイナルどころか、支部長賞ですらもしかしたらダメかも・・・

今までは最低年齢が少なくとも小学校4〜5年生それも全体のごくわずかだった。
しかも先頭グループには、百戦錬磨のベテラン達が厚い壁をつくり、その新人達をカバーする。

練習に於いても然り、数人の古株達が一人の新人を取り囲んで指導したりする場面を何度となく見てきている。

ところが今年はどうだ?最低は7歳・・・それがあっちこっちにたくさん走り回っている・・・。
ぱっと見ジュニアのチームを見ているようだ。
しかもメンバーのおよそ半分が新人。それも新しく立ち上げた寝屋川や八日市の教室から来ている子達で、今までおよそよさこいなどとは無縁の言ってみれば「ド素人」
いくら何でもこれだけの数のド素人を入れたメンバーで、ファイナルに臨もうとする方が無茶な話だ。

当然、練習中もなかなか思うように進まない事が多く、先生の激が飛ぶ回数も増える。指導する幹部達もストレスが溜まる。

しかし彼らは決して諦めなかった。どんなメンバーだろうと、どんな年齢だろうと、関西京都今村組のスピリットとスタイルは絶対に変わらない。

子供だからと言って手加減もしなければ、専用の振り付けなど一切ない。

あの激しい踊りを一緒に踊らせている。怒られる時も一緒、休む時も一緒だ。
暑い暑い滋賀の合宿で1日中炎天下の中、一言の愚痴も言わず黙って練習していた子供達

グランドの端から端を何度も走った、何度も何度も繰り返し走った。

そして・・・迎えたYOSAKOIソーラン本番 今村組の踊りは今までと何にも変わってなかった。
あんなに小さい子供がたくさんいるのに・・あんなにド素人が入っているのに・・・

踊りそのものは、昨年、一昨年の方が完成度は高いだろう。
でも伝わってくるエネルギーはまったく変わらない・・・

あの夕張で踊った渾身の舞・・・その時、改めてこのチームの凄さを見た。



今村組夕張







はい。デコトラです・・・一つ一つが派手です(笑)

今村組トラック







大通り北パレード・・・わずか60数名の子供達が120人のチームに挑む

今村組パレード







そしてファイナルパレード・・・
まだ演舞が始まってないのに先頭の地方車が満員の桟敷席の中を走っていくだけで盛大な拍手が湧く。

地方車の上で思わず涙がこみ上げる


今村組ファイナル









ファイナルの審査結果発表を待っている時、先生は言った。

「ノリさん見てみーや、他のチーム・・みんな大人やで、しかもあの人数」
「もうええ。この子らホンマによう頑張ったわ。こんなチビども他のチームにおらへんで」
「ここまでこれたんやから、もう十分やろ」

その時の先生の顔は、とても優しい表情だった。

やるべき事を全てやって、自分達の力を全て出し切ってここまで来た。

関西京都今村組。俺にとって君達は間違いなく「大賞」だよ。

みんな頑張った・・・

今回のYOSAKOIソーランには、今年自分が振り付けしたチームが9チーム参加
みんなそれぞれ自分達の力を存分に発揮し素晴らしい踊りを見せてくれた。
あえて1つ1つコメントはつけない。

どのチームも、たくさんの苦労と、たくさんの努力を重ね
今日、晴れの舞台に立った。みんなとても楽しそうだった。

振付師としても、その瞬間が一番嬉しい。



風雅
風雅6.9







苫鵡寒神祭
苫鵡寒神祭6.9







常陸の国YOSAKOI連合
常陸の国YOSAKOI連合6.9








木更津かずさ連
木更津かずさ連6.9







踊ってみようT&C
T&C6.10







深川粋人会憲乱組
深川粋人会6.10







B-flap
B-flap6.9








※姫結蓮「華」の皆さん・・・本当にゴメンナサイ。写真を撮れるようなポイントで見られませんでした・・・。


いよいよ開幕

昨日、YOSAKOIソーラン2007がいよいよ開幕した。
早いチームで去年の11月から計画を立て、12月には振り付け開始
およそ6ヶ月間、この日のために練習を積んできた。
たった4分10秒のために数え切れない時間を費やし、何百回となく踊り込んで来た。
これは、通常のダンススタジオの公演などでは考えられない練習量だ。
だからこそ、1回の本番にかけるエネルギーたるや並大抵のものじゃない。
まぁ長くやればいいってもんじゃないが、1つの舞台にかける意気込みや
練習量、細かい部分への拘りなどは、ジャンルの違いこそあれ我々も見習わなければならない部分ではなかろうか

彼らの踊りは、ダンステクニック的に見ればまったくなっちゃいない
だが、純粋に踊りを楽しみ必死に踊るあの姿は、上手い下手を超越した何か訴えるものがある。

舞台芸術は決してテクニックだけでは成功しない。

ハートがあってこそ観る物の心に残る踊りができるのだ。

今日は、T&CとB-flapが初演舞に望んだ。
ちょっと緊張気味だったが、西8丁目のあれだけの観客を前に堂々と踊った。
課題だった表情も固くならずイイ感じだった。

T&Cの子供達も元気いっぱい踊っていた。ちょっと焦って音取りが早くなってしまったが、次回からは落ち着いてくるだろう。
B-flapは、前半ちょっと元気が無くてメリハリに欠ける感じはあるが、後半は盛り上がってとてもいい感じになった。
それぞれの課題は、演舞後に伝えた。次回からの課題にしてほしい。

まぁとりあえず、両チームとも初演舞としては上々の出来だろう。

今週は例年になく天気もいい。土曜日からの本番に向けいいスタートが切れたと思う。
訪問者数

Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ