踊ってなんぼ・・・

振付師、ダンスインストラクターとして日々踊り続ける男の日記。

2007年04月

今村組合宿最終日

暑い・・・何か暑い・・・こんな気温北海道じゃ7月だ・・・。
そんな炎天下の中、朝から始まった最終仕上げ。
気温が高い分、昨日一昨日とはまた違った試練が襲いかかる。
でも、この試練こそが、ここぞと言う時に驚異的なパワーを出す源だ。
3日目ともなると各自疲労もピークに達して、身体も悲鳴を上げる。


それでもなお、もう1回・まだ行ける・・まだやれる

一人一人、それぞれの思いがある。

挫折や悔しさ、虚しさ、心の葛藤、でも苦しんでいるのは自分だけじゃない。

新人もベテランも、指導部もヘルプも・・・

みんな苦しんでいる、押し潰されそうになる時もある。

だからこそ、みんなで心を一つにして闘わなければならない

誰にも負けない自分になるために。



今村組合宿4.30.1








今村組合宿4.30.2








今村組合宿4.30.3







マキノの合宿所から渋滞に巻き込まれながら
関空まで車で送ってくれた「ケン」ありがとう。
今回はちょっとしか見てやれんかったけど
次回はきっちりチェックするからな。

今村組合宿2日目

はい、今日は地獄の合宿2日目・・・そう、朝から夜までずーーっと練習。
しかも外のグランドでパレード練習。

とにかく走る・走る・走る・踊る・踊る・走る・・・

何度も何度も100mのコースを行ったり来たり、行ったり来たり・・・
日差しが暑い、足下もふらつく、それでもなお行ったり来たり、行ったり来たり

お昼休みを挟んで午後からは、まだ未定で振りがついてなかった前半部分を作り
構成をまとめ、旗のタイミング、太鼓山の移動など、かなり具体的な部分まで煮詰めた。

辛い身体に追い打ちをかけるかのようにイーサンの怒鳴り声が響く。
この程度の練習でパワーを失うようでは本番、5回連続なんてとても無理。
しかし、小学校低学年のホントに見た目ちぃっちゃい子達も、一人も音を上げず
ひたすら走る・踊る・また走る・・・。

容赦なく何度も繰り返されるダメ出しにセンターのユキナが一瞬潰れそうになる。

たった一人のために他の10人が何度も何度も同じ踊りをやらなければならない。
回を追うごとにプレッシャーが重くのし掛かる。

でも、センターに立つと言う事は、その後ろ約80人の思いを背負っている。
その責任の重さを彼女に解らせなければならない。


たとえそれが9歳の子供であっても・・・。


彼女は歯を食いしばり、涙を流してそれに耐えた。


最後の最後、先生がOKを出した時、先頭グループ10人はしばらくその場にしゃがみ込み、立ち上がらなかった。
いや、立つ事すらできなかった。

この子達は何のためにここまで頑張れるのだろう?
いったい何が彼らをそこまでさせるのだろう?


この限界と紙一重の所で見せるパワーとエネルギー。これこそ見ている者を魅了する特別な何かに違いない。





今村組合宿4








今村組合宿5












今村組合宿1日目

朝6時のバスに乗って千歳に向かう・・・さすがに睡眠は3時間弱 眠い。
千歳から神戸空港に向かう飛行機はなぜか小さくて、ほぼ満席
10時ころ神戸に着き、ポートライナーで三宮まで行きJR東海道線で滋賀の方へ向かう。
この路線がやたら混雑していて、ほとんど座れなかった・・・(-_-;)
新大阪、京都を経由して湖西線に入り琵琶湖のほとりを抜け、合宿地マキノに到着
すでに60名ほどのメンバーが外のグランドで練習に入っていた。
晴れてはいるものの、もの凄い強風で身体が飛ばされそうになる。
旗を持つメンバーは、可哀想なほど大変。

ここに来る前今村先生に、今回は昨年に比べ年齢層が下がり全体的に小振りになったし、経験が浅いメンバーも多いので、踊りのスキル的にも厳しいと話を聞いていたのでどんなもんかと心配していたが、なんのなんの(@_@;)

踊りの細かい部分でまだまだ雑な所はあるものの、とても3分の1以上が素人の集団とは思えないほどのキレとスピード

しかも、こりゃアカン!っていう極端な落ちこぼれもいない。

これには驚いた。いったいどんな指導をしたら、こんな短期間にここまで踊れるように叩き込めるのか?不思議でしょうがない。踊りの経験者ならいざ知らず、未経験でしかも小学校2年生くらいの子供達数人までが、このスピードの踊りを踊っている・・・

まったく驚愕である。

練習は、主にパレードの構成を色々試しながら、変更変更そして踊り込み。
結局外での練習は、6時近くまで続いた。さすがにみんなフラフラになっていた。

毎年の繰り返しだが、このチームの特筆しべき所は、前の方で踊っていた主力が数人抜けてしまっても、その下から押し上がって来たメンバーが直ぐさま入れ替わって見事にその穴を埋めてしまう。

だからメンバーは何人か入れ替わっても全体的な踊りのレベルが極端に落ちない。
それどころかむしろそれを糧にしてさらに強くなっているように感じる。

メンバーが入れ変わっても、この子達独特のカミソリのように空気を切り裂く踊りと鋭い眼光

常に何かに反発し逆風に立ち向かって行くエネルギーの爆発

それが、関西京都今村組の神髄であり、見ている者達を魅了する原点である。

これはもしかしたら、6月の札幌で今年もまた他を圧倒する壮絶なな演舞が見られるかもしれない。




今村組合宿3








今村組合宿2

怒濤のゴールデンウイーク

さて、明日からゴールデンウイークに突入します。
今年は、あまりのスケジュールに思わず笑っちゃいます。

■4月28日29日30日・・・今村組合宿
■5月1日、2日・・・札幌にて振り付けおよび指導
■5月3日4日5日・・・KITA舞人振り付け 石川県
■5月6日・・・苫鵡寒神祭指導

で、7日からは通常通りレッスン・・・(-_-;)

■5月12日13日・・・鳳翔乱舞振り付け 仙台

まぁね、忙しい忙しいって言ってるうちが華

遊びに行っても渋滞と人ゴミにまみれるだけ・・・っと
自分を納得させる事にした。

倒れない程度に頑張ります。

韋駄天HANABI

今週は富山県韋駄天HANABIの振り付けに行った。
フライト時間の関係で直行便がなく、一度羽田に行って乗り換えて富山空港へ向かう。
今回はちゃんと時間通り飛行機も飛んだわ(-_-メ)

代表の方に空港まで迎えに来てもらい、合宿所へ向かう。
ここのチームは去年もそうだったが、合宿所に泊まり込みで振り付けを行う。
それがまたかなりの山奥で、門限、消灯10時、アルコールは禁止、部屋にテレビもなく、コンビニも車で数分かかるという凄いところ。
おまけに携帯の電波も非常に弱く・・・(-_-メ)
メールを送るのも場所をあっちこっちと移動して、電波を探し回らなければならない。

まぁ踊りの事以外何も考えられない状況なので、短期集中にはある意味良いかも知れない。


合宿所

韋駄天1








1日目は1時30頃スタートし、5:30から夕食をとり、そのあと8時までまた振り付け
去年よりも曲のテンポも速く、振り付けもかなりバージョンアップしているので
終わる頃にはみんな足もとフラフラ
ある程度予想はしていたものの、かなり辛い感じ。
それでも何とか約3分の2くらいまで進んで1日目は終了。

ジャイアンツも快勝したので気分もヨシ

2日目、今年あっちこっちのチームで振り付けに取り入れている
HIP・HOPの動き。この裏ビートが、よさこいしか踊ったことがないメンバーには
かなり衝撃的でどうもうまく踊れない・・・。
独特の動き方なので「振りは合っているんだが何か違う」がほとんど(-_-;)
これも課題の一つとして頑張ってほしい。

他の部分は「 と 」は当たり前のごとく発生し、さらに今回は、その上を行く
「 お 」も出した。

5 と 6 と 7 と ぉ 8 

ぉ?って・・そうです。「と」と「8」の間にもう一つ「ぉ」です(笑)

そんなこんなで、2日目の昼には全て完成して一応・・一応通しで最後までできるようになりました。

まだまだガッタガタだけど、踊っている姿はとーっても楽しそうで、本番が楽しみです。



韋駄天2







韋駄天3







韋駄天4




やっと出した。

長〜い冬眠をやっと終えて、バイクが帰ってきました。
なんせ北海道は10月下旬から4月半ばくらいまで、冬期間預かりって事で
バイク屋に保管してもらう。
その間、オイル交換や、バッテリーの充電など基本的なメンテナンスをやってくれるから春になって車庫から出す時には、万全な状態で乗ることが出来る。

今年は暖冬でバイクを出すのも早くなるかと思ったが、そう甘くはなくやはりこの時期になってしまった。

今日は久し振りのご対面となった。


MAGNA2007.4








いつも冬眠明けの日は、少し遠回りして家に帰る。
今日も10kmほど走ってみたが、まだまだ寒〜い・・・(-_-メ)
冷たい風が身体に突き刺さってくる。
それもそのはず、札幌の気温はまだ10度くらいしかない。
気持ちよく乗れるようになるのはゴールデンウイークくらいからだろうか・・・

仕切り直し

今日は昨日やる予定だった「木更津かずさ連」のパレードフォーメーション
昨日予定通りにやっていれば今日は外で実際に流してみようと思っていたので予定が狂って何とも気分が悪い。
とりあえず、公民館でフォーメーション修正に入る。
体育館ほどではないがそこそこの広さがあったので、何とか修正はできた。
しかし確認が出来なかったのは残念。

時間がない分かなりハイスピードでどんどん進めて行ったが、みんなそれなりに頑張って理解してくれたようだ。年齢はみんな高いがやる気さえあれば十分対応できるのだ。

午後からはもう1チーム「上総舞来人・風」の振り付け
ここは前回3分の2ほどまで作ったので、今日は完成予定。

まずは踊りチェック。ん〜ん・・・順番こそ一応覚えているが踊り方がすべて「手踊り」になっていて躍動感がない。
膝も使ってないので上下のメリハリもない。
こりゃイカンと思ったが、取り敢えず先へ進めるのが第1目標なので、まず振り付けに入る。
カッコイイ太鼓のリズムの部分からだったので、ここは見せ場と判断し超高速の4×8。この時点でメンバーは顔面蒼白。

2時間ほどで最後まで完成したが、ほとんどのメンバーがバタバタと暴れている・・・(-_-メ)

まぁ簡単に踊れる踊りなど見ている観客も面白くない。努力を積み重ねて完成させるからこそ拍手をもらう権利があるのだ。

貴重な時間を自分達の踊りを見るために4分間立ち止まってもらうという事はそんな甘いもんじゃない。ステージに上がる人間はその事をしっかり心に留めて演舞してほしいと思う。

それと今日は前回に引き続き船橋の方から「明日風」というチームの代表とメンバーが見学に来た。
かずさ連同様、今までのゆったりしたチームカラーを一新させ「踊れるチーム」に変貌したいとの事。その気持ちを持つことは素晴らしい事だ。
チームの方針を変えていくのは、メンバーの意識改革や人間関係の面で色々大変な事もあるだろう。
しかし、それを乗り越えて行かなければいつまで経っても、ただの仲良しサークルから脱却できない。

時にはクールな決断も必要な場合がある。注目されるチームはみんなそれを乗り越えてやってきているのだから・・・

おいおい(>_<)

今千歳空港です。
朝9時30発の予定がいまだに飛んでません・・・
もう3時間以上空港にいます。
なんでこんな時に大雪が降りやがるんだ!

はぁ〜いつ飛ぶんだか・・・

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

はい。飛びました。後続のフライトが次々と欠航しなる中
やっと3:30に・・・(-_-メ)
結局2時間機内にいて一度ロビーに降ろされ、1時間30ほどして
また機内に戻りさらに2時間待ち・・・
まったく動いてないのに筋肉痛になったのは初めてざんす。

雪には慣れているはずの新千歳で、この時期にこんな事になるとは思ってもいなかった。
なぜこうなるかな〜??

おまけに羽田に着いてみたら、もわーっと生ぬるい空気。
こっちは大雪で6時間も待たされマフラーまで巻いているというのに
どういうこっちゃ。

木更津に着いたのは6時過ぎ、予定外の遅れなので1チーム目はまったく仕事にならず
焼鳥屋に行って終了。

その後、予定していた舞華恋の練習に行く。
最近マンネリ化で志気もも上がらないとの事で、繰り返しで踊っていた部分を、ちょっとリメイク。
これでまた一つ目標が出来たので気持ちも変わってくるだろう。
それにしてもここ数ヶ月で最も動かず、最も疲れた1日だった。

唯一心を癒してくれたのがこの景色。
泊まったホテルから夕日の中に富士山が見えた。
滅多に見る機会がないのでちょっと感動。


木更津4.14




ついてねー

車・・・こすりました・(-_-メ)

家の物置ですからねー別にどーって事ないんだけど
気分わりーわ

はぁ〜この前バッテリーが超格安で手に入ってかなり得した気分に
なっていたのに、また修理代が・・・

ほんま ムカツクわーーーーー

たくさん仕事しました。

この土日はたくさん仕事をしました。
なんせ今月の土日で札幌にいるのは今週だけ
地元のチームを何としても仕上げなくてはならない。
って事で、7日(土)は手間がかかっていたT&Cを最後まで完成させる。
ここのチームは今からもうほぼ全員が参加して気合い十分。
色々試行錯誤したが、ようやく完成できた。

今日日曜日は深川粋人会。前回完成させたステージバージョンをパレードへと改造する。
思いの外振り付けをほとんど変更せずにそのままフォーメーションだけ少し変えて最後まで行けたので踊る方としては助かっただろう。
最初から最後までイケイケでスローがまったくない曲というのも珍しいが
パレード5回を考えるといささか大変だと思う。
みんな倒れないように気をつけて下さい・・・(-_-メ)

その後は厚別に向かい風雅も同様にパレードフォーメーションを行う。
会場が狭いので、端から端を行ったり来たり・・行ったり来たり・・・
とりあえず、最後まで完成。ここも先ほどのチーム同様スローがほんの一部な上
振り付けもかなりハードなので、パレードは大変だ。

さーて、これで道内チームはT&Cと苫鵡寒神祭、姫結蓮のパレード修正で
全て完成。来週からはまた出張出張で頑張りますわ・・・
訪問者数

Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ