踊ってなんぼ・・・

振付師、ダンスインストラクターとして日々踊り続ける男の日記。

2007年03月

四日市嘉舞羅

今日は嘉舞羅振り付けのため三重県四日市
最初はまったく踊れないチームでビデオを送ってもらったときに
「なんじゃこりゃ?」と目を疑う動き・・・(-_-メ)

それでもチームからは

「是非、今村組のような踊りをやりたいんですけど・・」

「振り付けはできるけど、今のレベルじゃかなり厳しいよ」

「いや、今は全然ダメですけど、必死で頑張りますから何とかお願いします」

「ホントにいいの?メンバーいなくなるかも知れないよ」

「いや、絶対頑張ります。見返してやりたいんです・・・」

「わかりました。ではそのつもりでやってみます」

そうやって振り付けした前回の踊り、メンバーの入れ替えや脱退など何度も挫折を繰り返した。

チームの代表が、今村組にこの踊りの振り付けビデオを送って
「今年こんなんやるんですけど・・・」と言ったら
今村先生が「こんな踊り、うちのメンバーでもそう簡単に踊られヘンわ!」
「はっきり言って無理やで〜」まで言われた。

それでも一生懸命努力を重ね、遂に彼らはステージに上がった。

結局初披露まで振り付けから1年数ヶ月を要した。

その踊りを見た時、動きは硬いし身体のキレも今ひとつだったが、この踊りにかける思いとか勢いのようなものを感じた。

正直、ここまでやれると思ってなかったので俺自身ビックリした。

そして今回、2回目の振り付け。作曲は今村組の「鬼聖」を作った中村先生
そして歌は今村先生。

スポンサーもない10人そこそこのチームとしては豪華スタッフだ。

そこまでチームが本気になっているんだから、俺も全力でやらなければ申し訳ない。
踊りは人数じゃないってとこを見せるべく振り付けに望んだ。


って事で、せっかく名古屋を通ったんだからやっぱり味噌カツを食べなくては(笑)

その名も「とんかつ綾」

とんかつ綾






みそかつ





さすが本場「ウマ〜〜〜い」




嘉舞羅2007







最近は新人も5人ほど入って現在13名。
しかも前回の踊りを見て感動し入ってきたらしい。
普通あまりにも凄い踊りをやってしまうと見学者もビビッてしまって入会せず帰ってしまうのだが、それを見て入ってくるとはいい根性の持ち主と見た。

今日は苦労しながらもおよそ半分の所まで進み終了。明日の完成を目指す。

見つけました(^^)/

はい。今度は「波乗りジョニー」です\(^0^)/
以前のブログで「それバッタモンちゃうの?」などと失礼なコメントをしてしまい
大変申し訳なかったです。千葉のみやさん、確かにありました!

風貌は「ジョニ男」を3つ繋げてあるような形でちょっと小さめです。
味はまだ食べてないので、わかりませんが後日感想を書きたいと思います。


波乗りジョニー






教室レポート最後は毎週木曜日にレッスンしている「アドバンス」クラス。
このクラスは、ショーケース出演等を前提に通常のクラスでは行わない高度なターンや
ジャンプ、スローバラードなど様々なジャンルのスキルを修得し、よりテクニカルな技術を磨くクラス。

よってレッスン時間も通常は1時間15分〜1時間30分だが、このクラスは2時間〜2時間15分くらい。最初のバレエエクササイズだけでも1時間を要する。
今は10人前後このクラスに通っているが、人数が少ない分一人一人に目も行き届く。
逆に言うと、インストラクターまたは振付師としての技量が試されるクラスでもある。
生徒が思うように上達しなければ指導に問題があるという事だ。

通常のクラスであれば、基本的に「楽しむ事」が主体であるが、このクラスは確実に技を身につけさせなければならんクラスだからだ。

生徒も勉強、そして教える方も指導法という勉強を実践から学ばねばならない。

そしてその結果はステージに現れる。

イメージ通りに踊ってくれれば俺の勝ち、いい物が見せられなければ俺の負け。
生かすも殺すも振付師の技量次第なのだ。
勝負の行方は幕が下りるまでわからない。

しかし それでこそ この仕事 やり甲斐があるではないか。

ADVANCE




衝動買い・・・

はい。時々衝動買いしてしまう事がありあます。
そのパターンはほぼ決まっています。

1,ぶらーっとショップの前を通る。

2,んん?と自分の好みポイントをついてくる商品を見つける。

3,じーーーっと見る

4,笑顔の店員が寄ってくる

5,「良かったら羽織ってみませんかー?」とくる

この時点で買うか買わないかはほぼ決まる。
手に取ってみてピンと来なかったものはほとんど試着もしない

6,ちょっと着てみていいですか?

もうここまでくると8割方買うぞ!っていうサイン、あとはサイズのマッチングのみ。

7,鏡を見る

8,横で店員はお決まりのように「サイズばっちりですね。似合ってますよ」とくる。

9,そうですかねーー?と一応確認する



すると俺にとっての殺し文句が飛んでくる



10,こういうデザインが似合う人ってあんまりいないんですよねー

11,じゃこれお願いします・・・終了(-_-メ)


って事で最近の衝動買いグッズ




1、鶴の絵が描いてあるパーカー
   (裏ももう1羽飛んでます)

TK1














2,浴衣の帯があしらってあるTシャツ
   (まっピンクに見えるんですけど、本当はローズレッド)

TK2












3,ケバいタンクトップ
   (いかにも・・・って感じがいい)

タンク3.27












4,ギンギラギンのTシャツ
   (近くに来ると眩しいッス)

Tシャツ3.27










どれもこれも・・・ひと癖ある所が・・らしいでしょ。

お世話になりました・・・。

毎年3月になるとこの言葉を良く聞かされる。

まー年度替わりっていうのは進学や転勤、部署替えなど
様々な環境変化が訪れる。
当然今までやって来た事がそのまま続けられなく状況になる。

今年は随分とこの言葉を聞いたような気がする。
社保で一人、道新で5人、平岡キッズ3人、平岡ベーシック1人、石狩キッズはたぶん2人
アドバンス1人・・・
Fitもきっとそうだろうが、もともと流動的なクラスだし、そもそもあそこの売り上げ自体あまり当てにはしていない。

その他にも直接言っては来てないが、数人いるだろう。

仕方ないと言ってしまえばそれまでだが、転勤で離れてしまう人を除いては
続けようと思えば続けられるはずである。それが続けられないという事は
それだけレッスンに魅力が無いって事だ。

本当にそのレッスンに通う価値を見いだしていれば、環境がどうなろうと続けられるはずである。

大きな組織でやってるスタジオならまだしも、自分は所詮宿無しのフリーインストラクターである。たかが生徒一人の月謝が収入を大きく左右する。

どうやれば魅力を感じてくれるのか?どんな指導をすれば興味を持ってくれるのか?
じっくり考える必要がある。

やはり、レッスンの時間帯や内容も考慮する必要があるだろう。
人数が集まらないクラスは思い切って閉鎖し、その分集まりやすい場所と時間に新設するのも必要だ。

札幌の場合は、人口に対してダンスを習える場所がとても多い。
生徒はいくらでもチョイスする事ができる。その中で、戦って行くにはそれ相当の苦労は当たり前なのだ。

俺の師匠が言っていた言葉
「時の流れを感じ、先を読みなさい。じっとしていても生徒は増えないよ」

師匠はダンスに関してもそうだが、経営の師匠でもある。
在籍時代は、その厳しさをスタッフである自分達に身をもって体験させてくれた。

しかしねー

わかっちゃいるが、なかなか難しい。





液体窒素・・・パート2

先週、恐怖の液体窒素治療を受けてから1週間。
状況報告のため再度皮膚科へ

しかし・・・今日もまた恐ろしい事が待ち受けていたのだった・・・

そこの皮膚科は結構大きな病院で、常に3人の医師で診察と治療を行っている。
先週はかなり年配の(って言うかお爺ちゃん)の先生が担当してくれたので、窒素のかけ方にしてもやや遠慮気味にジュージューやってくれた。

だが今日は女の先生で(たぶん年下)かなり受け答えも元気がいい。

俺1「こんな感じですが、どうでしょう?」

女医「あ〜良くなってますけど、まだ足りないですね〜」

俺1「やっぱりそうですか・・・」

女医「もう1回窒素かけましょう」

しかし(一瞬ギョエっていう顔をしたものの、いたって平静を装うかのように)

俺1「しょうがないですねーお願いします」

俺2「マジかよ!痛てーんだぞあれ」

女医「今日は少し強めに当てますよー、ちょっと滲みますけど動かないで下さいねー」

俺1「大丈夫です。我慢しますから・・・」

俺2「おい、ふざけんなよ!やさしくやったって痛てーんだぞ!」


女医「いきますよー」ジューーージューーーーーーグリグリグリ・・・

俺2「ゴラッ〜!グリグリするんじゃねーよ!痛てーんだよ!」

女医「大丈夫ですか?」

俺1「はい、大丈夫です」

俺2「大丈夫な訳ねーだろ!お前もやってみろ!まったく女ってのは遠慮って事を知らないらしい・・・」

これを3回繰り返し・・・

女医「はい、終わりましたよ。今度は2週間後に来て下さいね〜」

俺1「はい、わかりましたー」

俺2「お前、色が黒い奴とか茶髪に何か恨みでもあるんか??」

って事で、俺の右手はこんな悲惨な事になっています。

心臓の弱い方は、見ないで下さい・・・・



















右手









イメージとしては、故意的に火傷を負わせて水ぶくれを作り、イボもろとも破裂させようって感じ。終わってから見る見るうちに変色し水ぶくれができてきた。

さすがに今日のサルサは手袋をはいてレッスンしました・・・(-_-;)


マジックスパイス

昨日は、午後から姫結蓮の踊り込み指導、夜は風雅の仕上げ
これで、道内チームはT&Cを除いてステージバージョンはほぼ終了
来月の土日は、道外チーム振り付けのためほとんど北海道にいない状態なので、何としても今月中に
道内チームは仕上げておきたかった。
まぁこれでおおよそのメドは付いたから安心して出張に行ける。

それで今日は、まだかなり残っているT&Cの振り付けに行く。
大人、子供、中学生、男の子と常に4パターンの踊りを同時進行で進めていくので、いささか時間がかかる。何とか今日は残り10×8くらいまで進めたので、やっと次回完成出来るだろう。

振り付けのあと、かねてからずっと行ってみたかったカレー屋に行ってみた。



majicspice1







majicspice2





そうです。これが噂のマジックスパイス。
スープカレーで大ブレイクしている札幌にあって最も有名で常に行列が出来ているという超有名店
あまりにも有名なので、話の種に是非行ってみたかったが、なかなか機会が無く行けずにいた。
行ってみると案の定、3時を過ぎているというのに駐車場はほぼ満杯。店内も2組ほどが席が無く待っていた。
10分ほど待って座席を確保し注文。
定番のチキンや野菜はもちろん、他にはビーフ、白身フライ、豚角煮・・・
特大のウインナーなど、普通のスープカレー屋にはないメニューがあってなかなか面白い。
注文はビーフ。以外とアッサリしていてスパイスもツンツンし過ぎない感じ。


majicspice4







さらに驚いたのは野菜が細切れになっていて非常に食べやすい。他の店ではジャガイモが1個まんま入っていたり、ニンジンがそのままとかナスが半分でとか・・・とにかくデカイ野菜を入れるのが当たり前みたな所が多い。その点ここのスタイルはとても気に入った。


特別個性的かと言えばそうではないが、万人受けする味付けが大衆に受けている要因なのかも知れない。



営業時間はこちら・・・



majicspice3

怪しい店内

はい。この店です。わたくしがここ数年愛用しているショップです。
何やらいかにも怪しい洋服が売っていそうな雰囲気を醸し出しております(笑)

今日、レッスンの帰りに何となく寄って店内をブラブラしていたら
ある事に気づいた。
その時はお客さんが5〜6人来ていたのだが、揃いも揃って全員茶髪だった(*_*;)
しかも店員もすべて茶髪なので、俺を含め10人近くの茶髪がウロウロしている事になる。

どう見ても怪しい。しかもその中にすっかり溶け込んでいる俺は・・・
やはりここの商品が合っているのだろうか?


この店は、ジャスコ平岡、ジャスコ発寒 両方に入っております。
どっちの店も最近は、入っていくと「毎度さま〜」と声をかけられる。


という事で興味のある方は是非行ってみてくださいな。
あ〜いかにもっていう商品がたくさんありますよ。

SEMANTIC DESIGN



SEMANTIC

3月は色々ある。

今日は、社保に通っている生徒の一人が旦那さんの転勤でやむなく今月いっぱいで退会となった。
大人も子供も、4月というのは環境が変わる事が多い。
仕事の部署または担当が変わった・・とか、仕事場が遠いところに移った・・・や
キッズに来ている子供達の中も4月から中学生になると言うことで、ダンスをやめてしまう子が今のとこ3人。

やはり1つのことを長期間続けるって事は、自分の意志だけじゃなく回りの環境も影響するからやっぱり大変な事だ。


という事で、Kさんを囲んで最後にみんなで記念撮影。

最短3年で札幌に帰って来られるらしいから、それまで社会保険センターが無くならないように頑張りますよ〜



社保2007.3.20

液体窒素・・・

手にちょっとイボというかタコというか硬いできものが発生して
ずっと放っておいたのだが、だんだん痛くなってきたので、今日皮膚科に行ってきた。

先生「どうしましたか?」
俺「あのーこれなんですけど・・・」
先生「あ〜これね、ウイルス性のイボですよ。放っておくとだんだん増えるから早いうちに処置した方がいいですね」

俺「は〜そうなんですか〜すぐ治りますか?」
先生「大丈夫ですよ、今いい治療法がありますから」

先生(助手に向かって)「えーっとね、あれ持ってきて液体窒素」

俺・・何?え・き・た・い・ち・っ・そ・??何かしばらくぶりに聞いた工事現場で使うような単語

俺「窒素で治るんですか?」

先生「そうなんです。これね、液体窒素で瞬間的にイボの値を焼いてやると、しばらくして浮いてきますから・・・」

俺・・ホンマかいな?と半信半疑でいると、後ろの方でガラガラガラガラ
何やら物々しい音が・・

おおお?およそ皮膚科にあるとは想像できないような窒素ボンベが登場
蓋を開けると白ーい煙が上がっている。
どう見ても工事現場にありそうな機材(*_*;)

先生はおもむろに綿棒のデカイようなやつを持ちその中に浸す

先生「ちょっとしみるかも知れませんよ〜我慢して下さいねー」
俺・・おいおい!それを直接つけるんかい!本当に大丈夫か?

底知れない恐怖を感じる

そしてついに

ジューージューーーーージューーーーーーーーーー

熱い!って言うか 痛いって言うか・・・煙出てるし〜・・・

先生「3回行きますよー」

俺・・・3回もやるんかい!頼むぞオイ!


ジューージューーーーージューーーーーーーーーー


ジューージューーーーージューーーーーーーーーー


先生「はい、終わりました。1週間したらまた来て下さい。その頃には浮いてきてるはずですから」

俺「わかりました」


とりあえず効きそうだけど、痛かった・・・。

苫鵡寒神祭 完了

今日は朝8時のJRでトマムへ。
家を出るときはかなり雪が降っていたが、JRに乗ってからは次第に天気も良くなってトマムには時間通りに到着。
前回来たときに振り付けした前半部分は、踊り方にまだまだ修正の余地はあるものの、順番はある程度身体に入っているらしい。
まずは、振り付けを進めて完成させるのが今回の目的なので、早速先の部分の振り付けに入る。
曲がお祭り系のノリノリだったので、カッコ良く・・よりも楽しく弾けて・・
がここからのテーマだ。
ただ曲が結構速いので、細かい振り付けの部分はしっかりとリズムに合わせるのが難しい。
このチームとしては今までになかった雰囲気の曲なので慣れるまで少々時間がかかるだろう。

しかしながら、キッチリ踊り込めば他のチームにはないオリジナリティーが出てかなりイイ感じになるはずだ。
これからのトマムはよりいっそう忙しい時期に差し掛かってくるので、時間の確保やメンバーを集めるのは大変だろうが何とか時間をとって練習してほしい。

3時30頃には全ての振り付けが完成\(^0^)/
次回ここに来るまでにどのくらい練習してくれるかとても楽しみだ。





苫鵡寒神祭

訪問者数

Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ