踊ってなんぼ・・・

振付師、ダンスインストラクターとして日々踊り続ける男の日記。

2006年11月

買い物のタイミング・・・

買い物に関しては結構慎重である。
ちょっと欲しいなって物を見つけても、その商品の相場から考えて
極端に安い場合を除いては、滅多に衝動買いをするという事はない
ましてや高価な物となれば、様々な所から資料を集めて色々と
吟味、検討した上で購入する。

今日、こんな事があった。
久し振りに家のすぐ裏のイオンに行ってみた。
オープン初日にある店でちょっと気に入った帽子を見つけたが、
ん〜んまだまだと購入には至らなかった。
それ以来、何度かイオンに行ったが、その店の前を通ると必ず
その帽子が気になって手にとって見たりしていた。
(そんなに気になるならとっとと買えよ!って感じだ)
ちょっと変わったデザインのハンチングで値段が5.400円。
まぁ質感も悪くないし、妥当な値段だろう。
しかし、踏み切れなかった。

そして今日、やっぱりその店の前を通ったら気になって入って
みた。
ところがいつも飾ってあった場所にその帽子が無い・・(-_-;)

しまった!
在庫入れ替えで本部にでも送り返したか??と思って
ちょっとガッカリしながら店の中をウロウロしていると・・

ありました(^^)/

なんと「セール品」と書いた棚に並んでました。

しかも値段が半額の2.700円になってました(笑)

おおお〜こ・こ・これは間違いなく俺に「いい加減買え」と言ってるに違いないと思い
その帽子を持ってあっという間にレジへ直行。

こんな事もあるんだなーとちょっとラッキーな気分でした。

ただ、こんな事は珍しいケースで、ほとんどの場合いいなーと
思ってもその場で買わずに我慢してしまうと、次に来た時もう
無くなっていたりサイズが無かったりって事が多い。
それはそれであの商品は縁がなかったんだと諦める事にしている。

だから、俺の場合「1点物」とか「限定品」とか「メーカー生産終了」
とかっていう言葉に弱い(-_-;)
変わり物愛好家としては、とても心揺さぶられる言葉だ。

って言うか、まったく店の思うつぼだな・・・

買い物は焦らず、じっくりが大切。

しばらく時間をおいてもやっぱり気になるって物は買っても
しっかり活躍してくれるもんだ。

ってことで、これがその帽子








ハンチング




とうとう雪・・・

はい。雪です。
今年は雪が降るのが遅いなーとか、のんきな事言っていたらあっという間に
この有様。
しかもこのスポーツクラブのある周辺は、同じ市内でも有数の豪雪地帯。
なんでこんなに違うもんかと思うくらい雪が多い。

昨日、タイヤ交換して今日これだからね・・・
危うく走れないとこだった。何事も早めにやらねばイカンという事だな。






雪1












雪2

スタジオ録音

今日は平岡でジャズのレッスンを1本やってから
いつもよさこいでお世話になっている作曲家の和泉さんが
苫鵡寒神祭の歌入れを行うというので、スタジオまで行ってみた。
和泉さんとはもう長い付き合いだし、年間10チームほど
一緒に仕事させてもらっている。

今年の例では、苫鵡寒神祭・NTT東日本N'sjam・木更津かずさ連
東大阪大学・KITA舞人・風雅・姫結恋「華」・古牧のれそれ魂
踊ってみようT&Cなど・・・(って考えてみたらほぼ半分だわ(笑))

でもなぜかレコーディングスタジオに行って録音に立ち会うのは初めてで興味津々・・・

スタジオに着くともう歌手のKAZUMIさん(元江差追分コンクール日本一)
がブースに入っていて熱唱中。

さすがに凄い高音&声量・・・(@_@;)

それでも作曲家さんというのは結構シビアで
「もうちょっと元気出ないかな〜?」などと激を飛ばし何度となく繰り返し歌ってもらう。

さらに、苫鵡からもメンバーの代表が4人来て、かけ声なども録音し音に入れてしまう。

ん〜ん・・・苫鵡の曲は毎年かなりクオリティーが高いしメロディーもなかなかいい
今年は、ソーラン節だけではなく違ったメロディーも挿入し個性を出している。
ほほーなかなかいいんでないかい。しかも例によってテンポは速い。

メンバーに向かって今年もまた速い踊りになるぞーっと言ってみたら
「望むところです!」だと。なかなかいい心意気だ。

1回目の振り落としは来年1月20、21日に決定。今年よりかなり早い始動だ。
1月13,14は千葉で振り付け・・・
年明け早々怒濤の振り付け月間になりそうな悪寒・・いや予感。

振り付け終了

今村組の振り付け完成しました。
2日間で振り付けした踊りを、あっという間に形にしてしまうこの子達はやっぱりタダモノじゃない…

とりあえず寝ます
明日ってもう今日だけど6時30に出発して札幌に帰ります。
おやすみなさい…

1日目終了

今日は10時50分の飛行機で関空へ向かう。
空港には今村組のメンバーが3人迎えに来てくれて
(送迎メンバー遠い所ありがとうね!)車で京都へ

ちょっと渋滞もあって3時体育館到着。
3時30早速振り付け開始。
ちょうどイベントがぶつかっていて、翔吾ほか数名が4時頃になるとの事。
12×8くらい進んだ頃イベントメンバーも到着し全員で振り付け開始。

今日は今村先生も講演で茨城に行っているため龍太の仕切りで練習を進める。

最初のスローは後回し、前半のミドルテンポと中間のスロー、もっとも激しいサビの部分を8×8やって本日終了。

昨年の鬼聖で後半振り付けを突っ込みすぎてちょっとバタバタした感があった事を
考慮し、今回はあまりにも慌ただしい振り付けは避け、安定感を重視してみた。

今日は受験などで休部しているメンバーを除き40人ほどが集まっていたが
実際に来月の年末ライブでこの新曲を踊る事ができるのは25人
その中に入れるか、入れないかはチーム内オーディションとなる。
従って、仲間でありながらお互いがライバル。当然練習する姿勢も、みんな真剣そのものだ。

俺もできればみんなで踊ってほしいという気持ちもあるが、これが今村組の伝統であり、毎年これを目標とし、乗り越える事でみんな成長してきた。

ある者は勝って学び・・またある者は負けて学ぶ・・・

でもそれが今の学校教育に足りない部分であるような気がしてならない。
勝つことは大切な事だが、これからの人生負けることがないなんてあり得ない。
人間は挫折と敗北によって学ぶ事もたくさんあるのだ。

今年もまた、本番まで数々のドラマが待っている事だろう。

振付開始〜

通常ヨサコイの振り付けは、前もって作らずメンバーの動きを見ながら
その場で作っていく。
理由は、実際に踊っているメンバーの動きを見て振り付けのレベルや構成などを考えたいからだ。
逆に言うと、カッチカチに作って行っても、いざ踊らせてみたら全然合わなくて結局作り直しって事にもなりかねない。

まーそれでも、土日の出張でほぼ完成させることは可能だ。

ただ、今週はいよいよ京都に行って今村組の振り付け
彼らとはもう5年の付き合いになるから、中心メンバーは良く知っている。
さらに、どの位のレベルで踊れるのか?どういう振りが得意なのか?
それもよくわかっている。
よって、今回は全体の3分の1ほど作ってみた。
曲は申し分ない。彼らを生かすも殺すも振り付け次第だ。

注目されているチームを手がけるのはとてもプレッシャーを感じる。
でもその分やり甲斐もあるわけだから、何とか頑張らねば・・・と思う。

何やってんだか・・・

<埼玉中3自殺>直前にも金銭要求 学校側は生徒指導せず
(毎日新聞 - 11月13日 22:20)

 12日に自殺した埼玉県本庄市立本庄東中3年の男子生徒(14)が、「同学年の男子から金銭を要求された」と学校側に相談後も、同じ生徒から金銭を要求されていたことが分かった。10日に目撃した別の3年生が証言した。学校側は6日に相談を受けながら、学年主任らの出張などで要求した生徒を13日に指導する予定だった。市教委は学校側の対応が遅れ、適切ではなかったとみている。また、いじめと自殺の因果関係を調査している。

 証言によると、10日午後の休み時間に教室前の廊下で、自殺した男子生徒は「早く金返せよ」と金銭を要求されていた。その後「何かあったの」と問いかけたが、生徒は言葉を濁して別の話題にすり替えたという。

 市教委によると、6日に相談を受けた学校の相談員は同日、学年主任と校長に報告。7日は特に対応はなく、学年主任は8日に3年の各担任に知らせる一方、自殺した生徒に「また要求されたら先生や親に申し出るように」と伝えた。9日は要求した生徒が欠席。10日は学年主任、担任が出張し、この生徒から事情を聴けなかった。

 一方、自殺した生徒が学年主任に8日、「同じ生徒から2年生の時も金銭を要求され、1500円払った」と話していたことも分かった。この生徒は、13日朝、担任と学年主任の家庭訪問を受けた際に認めたという。茂木孝彦・同市教育長は記者会見で「学校側はすぐに指導すべきだった。対応は適切でなかった」と話した。


これはもういじめではない。列記とした恐喝であり犯罪である。
学校も何を呑気な事考えてるのか?アホか
金を要求した生徒が休んだ??そんなもんその日のうちに自宅へ押しかけるのが当たり前だろう。
しかも次の日は担当者が出張しただと?
あんたの学校は担当者以外生徒に指導もできないのか?

どこまでもおめでたい人達・・・呆れて物が言えないな。

そもそも、そんなクソガキは即刻警察に連絡して鑑別所に送るしかないだろ。
最近の報道を見ているといじめの加害者に対して甘過ぎじゃねーか?
だからいつまで立ってもいじめが減らない、自殺者も減らない。

子供だろうが何だろうが悪い事は悪い。

キッチリ責任をとらせるような毅然とした態度が必要じゃないのか?

怒濤の日々が始まる

今日現在、来年度のYOSAKOI振付依頼は7件
しかも、どこのチームも今年は去年に比べて始動が早い。
すでに2チームの楽曲がほぼ完成している。

そして今日、いよいよあのチームの曲がラフ段階で完成し
送られてきた。

聴いてみると、かなりいい仕上がりでビックリした。
振付師というものは、曲を最初に聴いた段階で
鳥肌が立ち、心臓がドキドキする曲がある。
うまく言葉では表現できないが、わかりやすく言うと

その曲に乗ってメンバーが踊っている姿が頭のなかにイメージされて
自然と振付が浮かんでくる。

そういう時は、いつの間にかニヤニヤしているのだ(キモ・・・

そこのチームには来週11月18、19日に振付に行く予定だ。
来年度用としては、一番最初の振付になる。

関西京都今村組、今年の年末ライブはまた凄い事になる予感。

乞うご期待!


ロングブーツは売ってない・・・

変わった物好きの俺としては、こういう物に目がない・・・
男物のブーツをいつも探し回っているのだが、日本ではほとんどと言っていいほど
イイ物が見つからない。
って言うか、ロングブーツ自体ほとんど無い・・・

前にニューヨークやロスに行った時は、目移りするほどそこいら中にカッコイイブーツが溢れていたのに・・・
なぜ日本のメーカーは作らないのか?
はっきりしている。日本人の考えはまず、売れるかどうか?それと実用性だ。
男向けのロングブーツを作っても、俺のような変わり者しか買わないので売り上げが上がるわけがない。しかも実用的ではない。

でも欧米は、そんな事よりオリジナリティーやファッション性を重視するメーカーもきちんとある。
日本のメーカーも売る事ばっかり考えないでもうちょっと「粋」な靴を作ってほしいもんだ。

先日群馬に行くときに履いていったブーツは「NEWROCK」というメーカーでスペイン製のブーツ
これもかなりインパクトあって、歩いているとみんな一度はジーーっと見ていく(笑)

NEWROCK









これは珍しく日本製のYOSUKEというブランドのブーツ
ローリーも真っ青なヒール高8.5cm

YOSUKE









これはおまけ・・・

semantic








変わったブーツ、その他変わった物情報募集中です(笑)
見つけた方は、隊長までご一報下さい。

メキシコ料理

辛い物、しょっぱい物が好きな俺としては南米系料理はとても好きだ。

今日は、用事があって札幌駅の近くまで行ったのでついでに寄った
メキシコ料理店

なかなか雰囲気が出ていてイイ感じ。

顔がとっても黒い俺が座っててもまったく違和感がない空間ってのも嬉しいって・・(オイ!

mexico1







mexico2







メキシコ料理と言えば・・・ピリ辛サルサソースを絡ませたタコス
それと、チキンチョリソー、タコライス
(タコが入ってるんじゃねーよ(笑)俺も最初はそうかと思ってたけど・・・)

しかし、ここのお勧め「メキシカンパワーランチ」何か凄そう・・・


mexico3








アメリカ人の好きなチリビーンズとソーセージ
フライドチキン・チキンチョリソー・フライドポテト
サラダ・ドリンク付きで860円

メニューで見たほどの迫力は感じられなかったが、味はまぁまぁいけていたので
満足。

興味がある人は札幌駅地下パセオのレストラン街に行ってみー


訪問者数

Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ