踊ってなんぼ・・・

振付師、ダンスインストラクターとして日々踊り続ける男の日記。

2006年03月

携帯変えてみた・・・

しばらく使っていた携帯を機種変更する事にした。
今までも何回か迷った事があったが、新機種に決めてとなる何かが見つからず
ずっと使ってきた。

でも最近、メールを打つときの文字変換があまりにもバカで・・・
イライラする事が多く(PCの変換に慣れているので余計腹が立つ)
いよいよこの4月を前に心機一転変更を決めた。

新しい機種はW41CA。今まで黒か赤の携帯しか持った事がなかったので
たまには変えてみるか・・・とオレンジ色(*_*;)

http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/w41ca/index.html

新機種だけあってあれよこれよと数え切れない機能が満載。
まー1つだけとても助かるのがEZナビウォークというアプリで
住所を入力すると目的地までのルートを全てガイドしてくれる。

貧乏なのでカーナビが買えない(-_-;)俺としてはありがたい機能だ。
って言うか、最近のカーナビは俺の車の値段よりはるかに高い(笑)

その他にも色々機能があるらしいのだが、1つ1つ調べるのが面倒なのでやめた。
それなら前の機種でもいいじゃねーか!って事だが問題は変換だ。

さすが新機種は見事な変換機能でメールの入力は快適そのもの。
それが改善されただけでもヨシなのである。

東大阪大学YOSAKOIソーラン部

今回の出張のもう一つの目的
東大阪大学YOSAKOIソーラン部の振り付けだ。
本当はビデオでという依頼だったが、すでにイーサンのパーティーで
大阪に行くことが決まっていたので、ついでにやってしまおうという事になった。
金曜日の夜に今村組練習終了後、明日振り付けに行くんです〜と話をしたら
イーサンが「ほんなら勉強にもなるし峰と龍太連れてっていいで」(*_*;)

おおお〜そりゃありがたい。アシスタントにちょうどいいので
是非お借りしまーす。(^^)/

土曜日は大学の体育館にで朝9時30から開始
やっぱりアシスタントがいると進むのもスムーズであれよあれよと言う間に
半分くらいまで進んだ。

曲も毎度お馴染み和泉先生なので、俺の好みをちゃんと知ってて(笑)
実に振り付けしやすい曲を出してくれたのも大きい要因だ。

大学のYOSAKOIサークルとしては珍しくちゃんと顧問の先生がいて
普通の部活みたいな感じだ。おまけに先生はダンス経験もあり振り覚えが
メッチャ早い。これも助かった。

そんなこんなで1日目。残り5×8の所まで進み(これは異常なスピードだ)
3時に終了。みんなよく集中力を切らさず頑張ってくれた。

そんで2日目。まー昨日ほとんど終わりまで作ったので余裕を持って開始
昨日作った部分で今ひとつ納得出来なかった部分を2カ所ほど修正して
最後の部分を作る。
みんなは昨日の嵐のような振り付けがたたってか全身筋肉痛らしい(笑)
昼頃には全て完成。やたら早い振り付けだったがそれなりにいい物が出来たと思う。
5月に新入生歓迎会があるらしくその時に披露するとの事。

この踊りを見て1人でも多く部員が集まってくれる事を祈る。

顧問の大矢先生、それと東大阪大学のみんな、2日間大変お疲れ様でした。
でもとっても楽しんでくれたし、踊りも気に入ったみたいで良かったです。
本当に大変なのはこれからだと思うけど、心を込めて踊っていれば
見ている人にはちゃんと伝わります。頑張って下さい。

いつかどこかのお祭りでみんなの踊りが見られる事を楽しみにしています。

イーサンが教師を辞めた。

今日は関西京都今村組代表である今村克彦先生がこの3月で教師を辞任するという事で「今村克彦を励ます会」なるものが催された。
去年の12月クリスマスライブの打ち上げの席でイーサンは酔っぱらって
「俺な、教師辞めようと思ってんねん」と言った。
まわりにいたみんなは、酒の勢いで言ってるだけであんまり信じていなかった。
でも先月この会の招待状が届いた時、あれは本気だったんだとかなりビックリした。
なぜ教師を辞めるのかは話すと長くなるのでここには書かないが
先生なりに悩み、苦しみ、断腸の思いだったに違いない。
今までは仕事の一環として今村組と関わってきたが、今回ばかりは仕事抜きで
先生のために何を差し置いても行かねばならんと思い、すぐさま出席のハガキを出した。
会場はヒルトン大阪。さすがに豪華絢爛で何か場違いな気持ちになりながら会場へ向かった。
そこにはやはり俺と同じ思いを持ったたくさんの人達が日本中から集まっていた。
九州はYOSAKOI佐世保祭りの実行委員長の竹本さん、高知よさこい界のボスほのおんちゃんこと池上さん
東京は元より、松山、滋賀、岩手水沢、紀州、群馬、舞鶴、名古屋・・・
まさに北は北海道から南は九州まで、イーサンのブレーン達が総集結した。
その他にもフジテレビ、大阪毎日放送などのマスコミ関係者も来ていた。
その数およそ100名

壇上には珍しくスーツなどを着たイーサンがいた。

人を引きつける魅力を持った人間はたくさんいるだろう。
でも、それは大なり小なり損得勘定があっての話で銭金抜きにはなかなか引きつけられない。

イーサンは金勘定抜きに、純粋に男気だけで人を引きつけることができるごく珍しい人間だと思う。

これだけの素晴らしい人達がまわりにいるんだから、イーサンは教師を辞めても
今まで通り、たくさんの人達に生きる希望を与え続けていくだろう。

俺も、できるかぎり協力していくつもりだ。

イーサン、まずは新しい第1歩として今年こそ、札幌で一花咲かせましょうや

怒濤の3月締めくくり

今月4週ある土日の3回を出張した。しかもそのうち2回が2泊3日
3回目となる今週は、最もハードな3日間になった。
まず今日は1日目、超満員の飛行機で大阪伊丹空港へ向かう。
伊丹から奈良交通のリムジンバスでJR奈良駅まで行く。
これは今村組へ行くときの決まったルートだ。もう何回通っただろうこの道。
バスの乗り場、車窓からの景色、停留所の名前・・・
来る度に見慣れた景色となっていった。

伊丹空港も初めのうちはウロウロしながら歩いていたが、最近は慣れたもんで
トイレの場所から喫煙所、売店の位置まで把握している(笑)

ホテルに着くと翔吾が車で迎えに来た。そう!あのBMWで(^^)/
ビーエムだよビーエム。実は初めて乗った。
さすがにドイツ車らしい剛性感のあるボディーと堅めの足回り、さらに
黒を基調としたシンプルな内装がなかなかいい。

俺も一時やたらと欲しくて色々販売店を見て回ったのを思い出した。
(でも北海道でFRはやっぱり冬場厳しいだろうという事で断念・・・)

今村組の練習会場となる体育館に着いたのは7時過ぎ
イーサンから今日は細かい技のチェックをして欲しいという事だったので
音をかけず、雑になっている部分を細かくチェック。
やはり最初に振り付けした時に比べたら若干の余裕があるくらい身体は動いている。
ただ、早い動きの部分になると勢いに負けて暴れたような感じになるので
それをほんの少し押さえて、どこか冷静な部分をつくれば完璧だろう。

特に驚くのは小学校のまだ3〜4年生であろう小さな子達がやたらキレた動きを
している事だ。こればっかりは他のチームで見ない光景だ。
なぜなんだろう?偶然そういうタイプの子達だけが集まったとも思えないし・・・
やっぱり先輩達の動きを見ているからなんだろう。

メンバーがいくら入れ替わっても、見る人の魂を揺さぶる踊り方
どんな時でも本気でぶつかっていく姿勢・・・これが今村組のスピリット

これからも永遠に語り継がれ、踊り継がれていくだろう。

今日も2チーム

昨日群馬から帰ってきたと思ったら
今日は祝日なので2チームほど振り付けに行く。
土日の疲れが残っていて、頭がまだボーッとしていた。
朝9時30、風雅の練習会場へ向かう。
音が長いと言うことで、4×8ほどカットした。
その部分の調整と最初の動き、ラストのポーズなど
すっかり仕上げ段階に入っている。
まだまだ荒削りながらとりあえず完成、問題は
今後新しく入ってくるメンバーをどうやってフォローしていくかだろう・・・
終了後、NTTの練習へ向かう。ちょっとテーマがややこしいので
いつもよりかなり考えながら振り付けをしている。
今回で2回目だが結局15×8ほど残して時間切れとなった。
ん〜ん、自分的にはちょっと遅いな〜・・・(-_-;)
他とイメージがダブらないんだからもうちょっと早くできそうなもんだわな。

まー今回は疲れが溜まってて脳の動きが悪かったという事もある。
身体も少々重かった。

次回は最後まで完成させるよう頑張ろう。

のんびりしているヒマはない。振り付けを待ってるチームは
まだまだあるのだ。

振り付け&ワークショップ

今日は午前中大子町にて常陸の国YOSAKOI連盟のパレード復習と
那須の方からもう1チーム桜城YOSAKOI隊が来てパレード用改造。
体育館を半分に割って、2チーム一気に行う。
常陸の国YOSAKOI連盟は昨日の復習、一方桜城YOSAKOI隊は
パレードが初めてだ。前進しながら踊るというのは結構慣れないと難しい。
最初はウロウロしてなかなかうまく進まなかったが
カンがいい人達で、少しずつ慣れてきた。2時間ほどで最後まで完成。
両チームとも初回としてはかなりいいレベルまで仕上がったと思う。
あとは本番までしっかり練習すればいい結果が出るだろう。

後半は、2チームがお互い観客になって見せ合って、当初の予定より
2時間ほど早めに切り上げた。

那須塩原まで送ってもらい、新幹線で小山まで行き、そこから
ワークショップの会場である群馬県桐生市へ向かう。

高崎から襲来舞踊団の主要メンバーもワークショップを受けるために
来ていた。
本来タケシくんも同行する予定だったが、前述の通り入院中のため欠席。
30分早く会場に入って襲来の子達に今村組2006「鬼聖」を指導
しか〜し、もうほとんど全部振りは入っていてビックリ仰天(*_*;)
ビデオを見て覚えたらしいが、ほとんど正確に踊っている。

ちょっとしたダメ出しと、わからなかった細かい部分を確認して終了。

6時30YOSAKOIワークショップ開始。
ポージング、身体の使い方、顔の使い方、ストップ、リリース、シャウト
一つ一つの動きの基本を取り混ぜながら、短いコンビネーションを作り
踊ってみる。ちょっとアドバイスしただけでかなり印象は変わった。
当たり前の事を当たり前にやるのは簡単なようで結構難しい。
そう言った基本を各自自分のチームの踊りに生かして欲しいと思う。

8時〜ジャズのレッスン開始。
みんなとても真剣で、YOSAKOI同様ちょっとアドバイスしただけで
ぐんぐん見た目が良くなっていく。しかも覚えるのが早い。
振り付けはかなり長いものになったがみんなとてもイキイキしていて
見てて気持ち良かった。
踊りはそのレッスンに対するモチベーションで大きく結果が左右される。
そういう点では今回ワークショップに参加した26人はとても集中していた。
きっとこれからのダンス活動に於いて役に立つ事がたくさんあるだろう。

次回ここへ来てレッスンするのがとても楽しみだ。

今このブログは桐生のホテルで書いている。
明日は朝7時に出発し羽田へ向かい、12時の飛行機で帰り
夜、道新のレッスンへ行く。

来週は金土日と京都、大阪・・・

今が今年の正念場。何とか頑張らにゃー

今日は茨城・・・。

今日は毎度お馴染み茨城県大子町
飛行機の時間の関係で羽田経由で向かう。
東京駅で新幹線を待っている時に
明日ワークショップをやりに行く群馬の
遠藤さんからメール
襲来舞踊団のTake-cくんが脳梗塞で倒れたらしいと・・・
病名が物々しいので、ただごとじゃない。
フラフラして真っ直ぐ歩けないので病院に行ったら医者から
そう宣告されたらしい。
今は襲来舞踊団の他に今村組高崎支部として活動し
メンバーも最近メキメキと実力をつけてきた所だけに
ここでリーダーが倒れるのはチームとしてかなり痛手だ。
検査の結果、小脳の梗塞で大事には至らなかったらしいが
まずはしっかり病気を治療してまた元気な姿を見せてほしい。
俺も年末年始足や首をケガしてかなり苦しかったが、本来身体を動かして
何かをやっている人間にとってケガや病気はホントに辛い。
タケシくんはチームの柱だ。これを期に生活習慣なども改善して
1日も早くステージに戻ってくることを祈る。

6時30に出発して現地到着が3時。
やはり前回来た時よりかなり暖かい
(札幌はまだ雪があるというのに・・・)
今回は前回完成したステージバージョンをパレード用に改造
するのが任務。
構成がかなり複雑なので、最初ちょっと苦労したが
ここのメンバーもそういう事に慣れてきたのか、途中からは
やっている事をよく理解してくれてスムーズに進んだ。
体育館なので、すぐ端っこまで行ってしまい何回も往復しながら
何とか最後まで完成させた。
所々フォーメーションが乱れるが初回としては十分な仕上がりだろう。
本番は5月の常陸の国YOSAKOI祭り。
ホストチームとして堂々と踊って欲しいと思う。

久々の札幌2日目

今日は午前中HIP・HOPキッズの講座発表会。
10:30に集合してウオーミングアップ、会場視察、最終練習、待機
側転がイマイチ綺麗に決まらなかった可蓮は夜中まで床に線を引いて
練習したらしい。
今までで一番いい出来だった。
最後の練習で1カ所どうしてもうまく踊れなかった紗希もお母さんの特訓を受けて
今日はバッチリだった。
風邪引いて熱を出し、最後の練習に来られなかった最年少の聖菜も元気に踊った。
本番前に友達から花束をもらってビックリしてた麻衣も間違わず踊った。
2人ずつ踊るソロをいつも忘れてウロウロしてた雪乃も本番は忘れなかった。
振り付けの時に休んでみんなに遅れをとってしまった絵奈とつぐみも今日はノーミスで踊った。
しっかりしてるようで時々ポロっと間違える彩乃も今日は大丈夫だった。
初めてセンターに立って緊張してた吏香も堂々と踊った。
みんな少ない練習量でよく頑張ったと思う。

今日はみんな金メダルだ。

頑張ったご褒美にサーティワンのアイスをおごって終了。

午後からは「NTT東日本N'sjm」振り付け1回目。
去年子供だったなーと思っていた子が指導班になり、妙に大人っぽくなっててビックリした。
ここは今までリサっていう子が子供達のリーダーでみんなをまとめていたが今年は参加しないという事でその後を受け継ぐ形だ。
(リサは今村組札幌支部で踊っている・・・)

今年のテーマは「和風ピンクレディー」(笑)最初聞いた時は何じゃそりゃ?と
思ったが、曲を聴いたらなかなか楽しげな曲で盛り上がりそうだ。

昨日のB-flapもそうだがこのチームも、曲、振り付け共に独特の個性を打ち出している。
言い換えれば山内先生が作ったとは思えないYOSAKOIソーランにだろう。

6時までやってほぼ半分まで終了。他のチームから移ってきたメンバーは
あまりに早い振り付けのスピードに驚いていた。

お次は7時からトマムの代表と練習のプランや今後のスケジュールを打ち合わせ。
今までずっと道外チームにかかりっきりになっていたので、これからは道内のチームを本気で仕上げなくては・・・
とりあえず4月8、9はトマムに泊まり込んで一気に振り付けだ。
すでにメンバーは50人を越えているとの事で立ち上がりとしては上々だ。
今年のテーマはオリンピック・・・(*_*;)?こりゃまた難題を吹っかけられた。

ん〜ん、今年は振付師として技量を試されるような試練が多い・・・。

我ながらいい勉強になるな。

久しぶりに札幌にいると・・・

先月から今月、土日のほとんどを茨城やら千葉に出張している。
今週は久しぶりに札幌に居るわけだが、そりゃもう大変だ。

今日は朝9:30から「姫結蓮」の振り付け2回目
体育館がメッチャ寒くてたまらず暖房を入れてもらう。
初参加のメンバーも結構いて、1回目の所までやってみてもらったが
ほとんど何がなにやらワカラン状態(-_-;)こりゃ困った・・・
でもゆっくり復習しているヒマはないので、とりあえずどんどん先へ進む。
途中から調子に乗ってきてあっと言う間に残り4×8まで進み時間切れ。
1時までやって、真駒内へ移動「踊ってみようT&C」振り付け1回目
姫結蓮の会場が伏古なので真駒内までは約1時間ちょっと
その間、脳内振付で8×8ほど考えて会場に到着。
相変わらず元気な子供達が走り回っている。ここは大人のほとんどが
学校の先生なので、小さい子供達へのフォローは万全だ。
ただ、振り落としの時は大人が子供達にフォローされる場合もあるが・・・(笑)
2時から始めて6時まで最初の動き出しをやたら複雑な分割にしたため
ちょっと手間取ったが、約半分近くまで進むことができた。
それからお次は7時から、ほとんど完成している「B-flap」の手直し。
実は今回の曲、胡弓を使っている。それで本番は生演奏でやってしまうらしい(驚)
今日は、作曲家さんと胡弓の奏者が振り付けを見に来ていた。
胡弓奏者の福本夢さんは元々チェロの奏者だったが、97年から胡弓に転向したらしい。
CDを出しているそうで1枚頂いてしまった(ありがとうございます・・・)
寝る前に聞いたら気持ちよく寝られそうな癒し系だった・・・(^^)

今度何かの舞台で使ったらカッコいいかも・・・生演奏ならもっとカッコいいわな〜
パトスくらいの小さいとこで・・・

でも誰が踊るねん・・・(-_-;)

やっぱり繊細な感じで、女性的な音なんだよなー俺じゃない方がいいような・・・

ん〜ん・・・とりあえず今度アドバンスで使ってみようっと。

千葉3連発その2

朝9時練習スタート。ホントに暖かくて羨ましい・・・。
昼間ならもう暖房はいらない感じ。

昨日の復習をざっとやってすぐパレードに入る。
横長でやっているものを縦長にするんだからあちこち不都合が出てくるのは
当たり前で、またしてもフォーメーション変更の嵐。

昨日ステージをやったばかりなので、みんなも大混乱。
列によって振り付けが変わったり、動くカウントが変わるのでやはり慣れてないと
大変だ。
それでも何とか11時過ぎには最後まで完成。1日半でよくここまでできたもんだ。
あとは目指す本番までしっかり練習すれば、見違えるような演舞が出来るだろう。

12時市原を出発して約40kmほど離れた君津市民文化ホールへ向かう。
代表の平田さんに送ってもらった。
今村組の話や舞華恋の事で大変盛り上がった。
やる気になれば近づく事は可能です。諦めずに頑張って欲しいと思う。

1時間ほどで君津に到着。かずさ連の代表と踊りのリーダーがお出迎え
会場に入るとメンバー全員ガッチリ衣裳まで着こんでやる気満々(笑)
ここは前回来た時に全部完成しているので細かい部分をチェックする。

さすがに早い段階で完成しているので、見事な出来映え(^_^)
振りは揃っているしウロウロする人もいないし構成もしっかり見えている。
ほんのちょっとだけダメ出ししたが、もう明日本番でもOKって感じだ。
まさに千葉の「三石なるこ会」って感じ。お見事でした。

1時間ほどいて今度は木更津に移動。
ここでもリーダーの方に次の会場へ送ってもらった。
さていよいよ舞華恋。ここは3週間前に難題満載の振り付けをしたばかりで
(ここまで来るとYOSAKOIというより鳴子を持ったジャズダンス・・・)
おそらくまだまともに踊れてないだろうと予想して会場へ。

思った通り全然ダメでした・・・(-_-;)

基本パターンがA・B・Cと3つあるがどれもまだまだ完成にはほど遠い。
時間も限られているので一応ポイントだけ指導して構成に入る。
(振り付け時は構成までやる時間がなかったのでまだフォーメーションは決めていなかった)
2時間ほどで完成。やっと形になったって感じ。
振り付けはまだまだ踊りきれてないが、ここのメンバーは根性があるので
人前に出てくる頃にはキッチリ仕上げてくるだろう。

最後は先日亡くなった舞華恋代表の自宅へ行きお焼香をさせてもらった。
遺影には衣裳を着て華やかに笑っている斉藤さんの笑顔があった。
去年の千葉ヨサで優勝した時の写真だ。
ご家族に葬儀の時の写真を見せてもらう。
最前列に舞華恋のメンバーが全員衣裳を着て座っていた。
告別式の最後、祭壇に向かって踊るメンバー。顔は涙でグシャグシャだ。

踊っている時の1人1人の気持ちを察したら涙が出そうだった。
メンバーに愛され、チームのために癌と闘いながら頑張った斉藤さん。

みんなは、あなたの事を一生忘れない。

これからもずっと舞華恋のことを天国から見守って下さい。

心からご冥福をお祈りいたします。

リーダーのヒロが羽田まで送ってくれた。チームの柱を失って不安でいっぱいな
表情をしていたけど、
斉藤さんのためにも、下を向いていてはいけないよ
新曲を1日も早くマスターして安心させてあげなきゃな。

次に舞華恋を見るのはいつになるかわからないが、きっと魂のこもった踊りを見せてくれると信じている。
訪問者数

Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ