踊ってなんぼ・・・

振付師、ダンスインストラクターとして日々踊り続ける男の日記。

ジャンプのポイント

ジャンプはただ高く飛べばいいと言うものではありません。

飛んでいる間の空中姿勢が大事です。

最大到達点でしっかり止まっていられれば、見ている人にその残像が残ります。

しかしその「止め」がなければ、ジャンプとしての印象は薄くなってしまいます。

特に、腕(指先)足先など身体の末端に「止め」の意識を集中して我慢する事。

高く飛ぶ事だけに気持ちが行ってしまうと、結局雑なジャンプに見えてしまいます。


レッスン中にジャンプをする機会があったら、その点に注意してやって見て下さい。



隊長ジャンプ

大人アドバンス

今日は大人のアドバンスクラス

昨日のジュニアクラスに続いてちょっと嬉しい事が・・

新メンバーが入った。しかも19歳(^-^)/

踊りはまだまだ荒削りで、バーレッスンも全然できてないが・・勢いとパワーはありそうだ。何よりもう1人18歳の子が1人いるので、将来的にいいコンビになれるだろう。

あとはジュニアの子達が成長していった時に、そのまま途切れる事なく大人のクラスへ移動するようなパイプがうまく構築できれば、いい流れの組織ができる。

確率は低いかもしれないが、そこにかけるしかない。


image







image

祝!登録30人(^-^)/

今日は平岡カルチャーでジュニアのレッスン

昨日の天気予報で、暴風雪波浪警報で北海道全域要注意などと言うとんでもない脅しをかけられ(-_-;)
朝から吹雪いたらどないすんねん!と思っていたが、午前午後ともに何とか大荒れは免れて、レッスンに支障を来す事はなかった。

ここ最近、大人クラスは若干停滞ぎみだが、ジュニアクラスは非常に好調である。

先週、キッズクラスに体験に来た2名が早速今日からメンバーに加わり、名簿を確認した所

キッズクラス/女子11名・男子4名 計15名
ジュニアクラス/女子11名・男子4名 計15名

男女まったく同じ人数構成で、このクラス開講以来初の登録30人に達した\(~o~)/

思えば、1番少なかった時は5人っていう時もあったなーと少々懐かしく思う。
そして今日、何の巡り合わせか、その5人でやっていた当時習いに来てくれていた子が
午前中のJoyfit平岡のレッスンに来てくれた。

当時5年生だったその子はもう17歳になっていて、何だか感慨深い物があった。

あと何年かしたら、自分の方がこの子達の踊りについて行けなくなるんだろうが(笑)
それはそれで、とても嬉しい事かも知れない。

さーて・・このパワーと才能をいかに引き出して、いいダンサーに育てるか・・・
自分も日々研究と努力を重ねていかなければ、時が経つのはアッと言う間だ。



image






image






image






image






image

ニット帽(^-^)/

節分の今日・・まったく関係ない話だけど・・

キャップはもとより、ハンチング、ベレー、中折れハット、キャスケット、ヘルメットに至るまで

被り物の類いはほとんど身につけて来たんだが、唯一ニット帽だけはあまり好きじゃなくて

手を出してなかったんだわ〜

ところが・・こんなオシャレなニット帽を発見し、おおおっ(@_@;)

これはいいかも・・と思わず買ってみた。

どうですか??イケてます??(笑)

ニット帽

Joyfit札幌北1月31日









Within temptation 『Paradise』

ウイズインテンプテーション

ややこしい天気・・・

今週は大雪が降ったり、プラス気温になったり、真冬日があったりと

まぁややこしい天気だ。

月曜日・・・
お風呂に入ってフカフカになったフェレ・・

image








火曜日・・・
急に気温が上がると、積もっていた雪が一気に溶けて道路はグチャグチャだ。
そのせいで、今シーズン初めて車が埋まった(-_-;)
家の前だったので、スコップでタイヤの周りをガツガツ除雪して事なきを得たが、朝っぱらから体力を消耗してすっかり調子が狂った。

水曜日・・・
Kids&ジュニアクラス
先週の帰り、吹雪で高速が止まり帰るのに2時間かかって大迷惑だったが
今週は往復とも順調に移動できて良かった。

Kidsクラスは、5年生の子が1人塾と曜日が重なるとの事で退会となった。
高学年になれば、ダンスを継続するにあたってそれが一番のネックになるだろう
仕方ないとは言え、毎回とても残念な気持ちになる。

それとは反対に、1年生と2年生の子が体験レッスンに来た。
即決で早速来週からメンバーに加わる事になった(^-^)/
この年代は、人数が少なかったのでお互いに励みになってくれると嬉しい

ジュニアクラスは、みんなやる気満々で、週1回では足りない。
もっとレッスンしたいとの声もあり、来月から土曜日クラスを追加する計画中である。
確かに週1回のレッスンでは上達のスピードにも限界がある。
回数は多いに越した事はないのだ。

みんながやる気になっている今、そう今がチャンスと思っている。

image









で、先日Facebookでも紹介した新入りのiPod touchくん
新型のRetina Display(解像度が前モデルの約4倍)搭載で実に美麗な液晶表示だ

image








しかしながら、やんちゃで、おっちょこちょいで、そそっかしくて、すぐ物を落とす自分には耐衝撃性能が求められる・・・
薄っぺらいケースでは、まったくもって心もとない・・・

って事で・・この通り↓

はい。完全武装\(~o~)/ 

image







せっかくの薄くて軽い新型の洗練されたデザインは見る影もないが(笑)
自分にはこのくらいがちょうどいいのだ。

image

何が目的ですか??

今日はちょっと小言ですw

生徒の皆さん、毎週行われるレッスンは何が目的ですか?
まぁごく希に、うちのクラスでも運動不足解消とか、汗をかけばそれでいいとか・・
そんな方も少数ながらいるでしょう。

しかし、ほとんどの人達は「より高度なダンスのテクニックを習得し、カッコ良く踊りたい」
これが最大の目的であるはずです。

それならば、時間とお金をかけてわざわざ教室まで出向いて来てるんですから
しっかりと見て、しっかりと話を聞いて、今の自分には何が足りないのか?
上手に踊っている人達と何が違うのか?

それをほんの少しでも感じ取って下さい。

ですから僕が立っている場所からはるか後方の、しかも柱の陰にいては何も学べないんです。
言い換えると、そんな場所にいて「動きが見えない」とか「足のステップが解らない」とか言っても
そんな場所にいる方が悪い訳で、それならもっと良く見える場所に来て下さい。って話です。

特にスポーツクラブの場合は、少ない時で15人〜20人
多いときは約30人近くのレッスンになります。

限られた時間の中で、いかに自分にとってプラスになる情報を習得して帰るか・・

それは、空いてるスペースがあれば積極的に前に出て、より近くで見本となるべき動きを見て下さい。
そして、僕の視界の入って来て下さい。

上達のポイントは、レッスンに対してどん欲になる事です。

謙虚になる事は決して悪い事じゃありませんが、最初から諦めてしまっては何の進歩も望めません。

間近で見ても75分、遠くから見ても75分・・・


この大雪が積もる中、わざわざ時間をかけて来てるんですから・・・
それを有効に使わないと、もったいないと思いますよ・・・

この曲いいわ(^-^)/

うん、元気が出る。
嵐の歌の中で、モンスターの次にいい曲だと思う(笑)

日テレ系 ソチオリンピック応援ソング
「LOAD TO GLORY」

来月・・Kidsクラスで踊ってみようかな??

今日は審査員

今日は、毎年行われているスタジオ・セイビのダンスアイドルコンテスト

昨年から審査員を頼まれていて、今日はその予選である。

前回は1日で予選と決勝を全部行っていたが、時間がかかり過ぎる事と
会場がスタジオのため、観客の数にもかなり制限がある。
よって今年は予選と決勝を2日間に分け、今日勝ち残ったメンバーは来週エルプラザホールにて決勝を行う

今日の参加者は、ソロ部門10組、グループ部門10組の合計20組
予定ではあと4〜5組出場するはずだったが、ここへ来てインフルエンザが大流行し、欠場者が続出したとの事で非常に残念である。

毎回、思う事だが審査員とは非常に辛い仕事だ。

みんなそれぞれ今日の本番に向けて、必死に頑張って来たんだろうしいい加減な気持ちで踊っている物は1人もいないだろう。
しかも、年齢、性別、ジャンルも多種多様であり、それを同じ土俵で審査するのはポイントがとても難しい。

ただやはり全体を見ての印象としては、踊りだけでは無く「衣裳」「選曲」「構成」など様々な観点から工夫が感じられる作品が上位に選ばれた形になった。

来週の決勝に進んだみんなは、その点をもう一度しっかり考えて本番を戦ってほしいと思います。



image







image






image

いやー毎日寒いわ・・・(^_^;)

今朝、札幌の最低気温はマイナス10度・・・

しかもここ1週間ずーーっと真冬日(最高気温がマイナスの状態)が続いている

慣れているとは言え、こう毎日続くと結構辛いわ
それでも札幌はまだいい方で、最近ジャンプのワールドカップで優勝し、ソチオリンピックでもメダル候補とされている葛西紀明選手の地元、下川町ではマイナス28度を記録したとか・・(-_-;)

これを北海道弁で言うと・・・「もうワヤだ」となる(笑)

こんな寒い日はやっぱり辛い物を食べて身体の中から暖めよう・・と思っていたら

生徒さんからこんなお土産を頂いた(^-^)/

韓国キムチ・・・
ん〜ん・・これは暖まりそうだ。

image











レッスンを終えて家に戻ってみると、注文してあったCDが届いていた

2013年ミュージックアワード賞最優秀新人賞
「ARIANA GRANDE」のセカンドアルバム Yours Truly

image










若干20歳ながら、チャラいポップスではなく、抜群の歌唱力でしっとりと歌い上げるその歌いっぷりは、すでにマライアキャリーを彷彿させるとも言われています。

また、キュートなルックスで人気も急上昇中。

要チェックな1人です。

アリアナグランデ








テスト

あれ?Facebookが連携しないなー・・・

ちょっとテスト。

反面教師

blog読者の皆さん、お久しぶりです(^-^)/

2014年、新たな年を迎え11日が過ぎ、全てのクラスがスタートしました。

各クラスともみんな元気にレッスンを再開し、ひとまず安心。

なんせ年末年始はイレギュラーな行動も多く、事故やケガを負う可能性も結構高い
まして子ども達は冬休み中って事で、これまた体調を崩す事もあるだろう。

それがほとんどお休みが無かったのは素晴らしい事だ。


それはそうと・・今日、こんな事があった。

あるコンビニに買い物をしようと入った。商品を選びレジのカウンターに向かう
レジは2つ、両方のレジに3名ほど客が並んでいる

自分が並んだ方は先頭の客が、何やらややこしい支払いをしたらしく一向に終わる気配がない。しかしもう一つのレジはスイスイと列が進み、自分よりも後から来た客もいち早くレジの前に・・・

こんな時、ちょっと気の利いた店員なら反対側の状況を察知し自分の列を止めて
「お先にお並びの方こちらにどうぞー」と案内する。

しかし、残念ながら今日の店員は、まったくそんな事はお構いなしに自分の列の事しか考えない。

まぁ、たかが数分の事でいちいち目くじらを立てるのも何だが、この状況を不愉快に思う人間も必ずいるし、もっと過激な奴なら「早くしろよ!コラッ」と怒鳴り出す人間もいるだろう。

人と人との付き合い、ましてや商売となるとほんの些細な事がトラブルの原因となる

どんな状況においても、常に幅広い視野を持って人と接しなければならないと実感した瞬間だった。



さて・・・ここ10年auの携帯とスマホばかり使って来たが、超久しぶりにDoCoMoに変えてみた。

まぁ理由は色々だが、一番は通信の不安定かな

特にWi-Fiの接続をオートにしておくと、街中でDoCoMoやSoftBankのWi-Fiスポットを勝手に受信して、突然パスワードを求める画面が出たり、最悪一端接続をリセットしなければ、復帰しないという困った状態・・・(-_-;)

それと、おそらく来月あたりに出てくるであろう新型(Xperia Z Ultra 6.4インチ)を狙っていたんだが、大きさがiPadを若干細くしたくらいのかなりデカい物になると情報を得た。

それはさすがに携帯性が悪すぎるという判断で、今回の機種変となった。

ちょっと使ってみた所、最大のポイントとなるWi-Fiの接続は、さすがDoCoMoとでも言うべきか、その辺の誤作動は今の所一切無い。

これだけでも変更した甲斐があったと言うもんだ。

それにしても、今はこの端末1つで何でもできてしまう。

サイトの観覧や書き込み、買い物からピザの宅配、残高照会から振り込み、テレビも見られるし、車に乗ればカーナビに変身・・・

いやはや・・どんどん便利になる反面、先ほどの件ではないが人と人とのコミュニケーションが希薄になってしまって、日本人本来の伝統でもある「まわりの状況を見て他人を思い遣る心」が薄れて行くのではないかと懸念を抱かざるを得ない・・



Xperia










いや〜それにしても毎日寒い・・・(-_-;)

今シーズン初滑り〜(^-^)/

さて、正月休み中おそらく唯一の晴天であろう今日

満を持して、今シーズンの初滑りに行ってみた。

まずは昨日、久しぶりに道具を一式出してきて各部のチェック

この感じは、半年ぶりにバイクを出してきた時のようなワクワク感だ(^-^)/


image








予定通り朝から絶好の晴天

やはり考える事はみんな同じと見えて、スキー場はかなり混んでいた。

リフトに乗るまで毎回15分は並ぶ。こんなに並んだのは久しぶりだ(@_@;)

でも、やっぱり久しぶりのスキーは気持ちイイ。

リフトから眺める真っ白いゲレンデ、雪のきしむ音、バイクとはまた違ったスピード感と風切り音、エッジを切った時の雪しぶき

ここ数年は、ダンスのための下半身強化にと思って来ているスキーだが、やっぱりこの爽快感があってこそ楽しめる。

言ってみれば、楽しみながら足腰のトレーニングをやってくれる一石二鳥の優れものだ。

これからも、ケガをしない程度に楽しんで続けていこう。

image







そして帰りは、星置神社で初詣

さーー今年もいい1年でありますように・・・(^-^)/

image

優秀な人間ほど、自分を甘やかさない・・

昨年、最後のジュニアクラスが終わった後
ミニパーティをしながらみんなでショーケースのDVDを見た。

ほぼ全員が、ワイワイキャッキャと騒ぐ中
一人だけ画面をチラッと見ては目を背け、何やらブツブツと呟いている。

「あ〜ムカつく、なんでこんなヘタクソなんだろう」

どうやら彼女は、自分の踊りに納得がいかず苛立っているらしい。

先生の俺からすると、彼女はメンバーの中でも決して踊れてない方ではなく、むしろ身体のキレやリズム感はかなり上位の方である。

もっとも、このような考えだからこそ日々のレッスンでもしっかり上達してきたんだろう。

ダンスに限らず、自分を甘やかしたり諦めたりするのは簡単な事。
それを敢えて自分に高いハードルを課する事で、さららる高みが見えてくる。

俺自身、20年以上ステージに立ってるが、未だに自分の踊りが凄いなんて思った事は一度もない
あれもダメ、ここもダメ・・と満足いかない所ばかりだ

だからこそ色々な映画や映像、他の人が踊っているステージなどをたくさん見て、何が違うのか?
どこがいいのか?を常に研究する。

それは決して、他人の真似をするんじゃなくて、いいと思う所を自分なりにアレンジして、一つの引き出しとしてインプットする。

通常我々が関わるダンスだけではなく、ヨサコイなんかでも自分達の踊りが終わったら、さっさと帰ってしまうグループもある。

自分達の踊りにどれだけ自信があるのか知らないが、他を見ずして我を語るなである。 

ちょっと話が逸れてしまったが、自分の踊りに納得できないその子は、きっといいダンサーになっていくだろう。




明けましておめでとうございます(^-^)/

超バタバタだった2013年も通り過ぎ・・・

新年を迎えました。

昨年知り合ったたくさんの素晴らしい生徒達

キラキラと目が輝いている子ども達

YOSAKOIの踊り手

作曲や作詞、そしてミュージシャンの皆さん

全ての出会いに感謝いたします。

そして、また新たな年を迎え今年はどんな素晴らしい出会いが待っているのか

本当に楽しみです(^^)/




年賀状2014

写真

1枚1枚見る度に、色々思い出す事があります・・・


神様









ミセナイナミダ









キリエ









シャドウ









枯葉

お気に入りの写真

今年は、YOSAKOIソーランから始まり8月にジャズダンス・ナウ、11月にショーケースと・・・

本当に忙しい1年だった。

作品を自分で考え、曲を選び、衣裳を決め、練習スケジュールの指示を出し、そして振り付けする。

インストラクターをやり始めたばかりの頃は、こんな一連の流れをすべて1人でやる事が、夢のように思っていた。

あんな事をやってみたい・・こんな振り付けはどうだろう?
暇さえあれば、頭の中に妄想が膨らんだ・・

あれから十数年、スタジオを辞めて独立し、そんな流れが現実となった今、どれほど幸せかと考えた時

本当は、その陰に隠れている苦しみや葛藤、思うようにできない自分への苛立ち・・
そっちの方が圧倒的に多い事に気がつく。

ただ、唯一の救いは、こんな自分にも付き合ってくれる生徒達がたくさんいて、ステージでは一生懸命踊ってくれる。

自分は、あなた達がいてくれるから今ここに存在する意義がある。

だからこそ、少しでもいい作品を創り、いい振り付けを考え、見てくれた人の心に何かを伝えられるようなステージにしなければならない。

「生涯未完成」これが自分の座右の銘


永久に完成しないからこそ、そこには常に進歩があり目標が生まれる


日々体力と気力の衰えを感じながらも、いかにそれをカバーして生徒達の先頭に立つか


自分が弱気になったらすべて終わる。まだまだこれから・・・


来年も一緒に頑張ろう(^-^)/




ステージの写真はたくさんあるが、自分はこの写真が1番気に入っている

これは、ショーケースのリハーサルが終わって、本番前最後のミーティングのシーン

長い間、たくさんの練習をしてやるべき事はすべて終わり、いよいよ本番って所だ。

本番は始まったら一瞬で終わる。結果は結果、大切なのはこの瞬間を迎えるまでの間、みんなが本当に苦労してこの場所に辿り着いたと言うプロセス。



だから、自分はこの瞬間がとても好きだ。

ミーティング








これは最後の円陣(^-^)/

この時のみんな顔も大好きだ。


円陣










そしてまた、このステージに戻って来られるように毎日頑張ろうって思うのだ。

Joyfit札幌北、最終レッスン(^-^)/

今日は、Joyfit札幌北 2013年最終レッスンでした(^-^)/

Joyfitの皆さん、毎月細かくてややこしい踊りにお付き合い頂いて、ありがとうございました(笑)

また来年、一緒に頑張りましょう\(~o~)/

みなさんよいお年をお迎え下さい・・・


Joyfit札幌北 
Elliott Yamin 「Wait for You」




アドバンスクラス最終レッスン

今日は、木曜アドバンスクラスの最終レッスン

1年間の集大成として、各自2分程度の振り付けを1人ずつ披露

しかも、それを告知したのは先週の木曜日(^_^;)

それ以来メンバーは、毎日その事が頭から離れず大変な1週間を過ごしたとの事。

まさに狙い通りだ(笑)

短い期間での選曲、振り付け、練習と・・じっくり考える暇もない
当然、完成度は低く粗削りの作品になるだろう。

でも、今回はそれでいいのだ。その追い詰められた状況の中で、どこまで自分をアピールする事ができるのか?

それが見たかった。

結果はと言うと、意外にもそれぞれの持っているイメージ(得意分野)を意識的に外し
敢えて苦手なジャンルに挑むチャレンジ精神が見えた事。

例えば、強いビートでガンガン踊るのが得意なタイプの者がミドルスローを踊ったり、スローが得意な者が激しいジャズを踊ってみたりと・・・

実に面白い結果となった。

セルフプロデュースは、振り付けと同じでダンスのスキルとはまた違った才能である。
このような課題を与えてのレッスンは、通常のクラスではできない貴重な経験になっただろう。

このクラスは、うちのステージ活動において常に中心になって周りを引っ張っていかなくてはならないメンバーのクラスである。

当然、テクニックはもちろん、表現力、スピード感、リーダーシップ・・
様々な面で上級者であって欲しい。

そのためには通常のレッスンだけではなく、色々なアプローチでダンサーとしての幅を広げてやる事が隊長である自分の使命だと思っている。

まー何はともあれ、2013年はみんな良く頑張った

来年もまた、更なるオリジナルスタイルを求めて、メンバーと一緒に頑張って行こう(^^)/



image







image







image

今日はクリスマス(^-^)/

今日はクリスマスで、ジュニアクラス今年最後のレッスンって事で
レッスン終了後、ミニパーティーを行う(^-^)/

その前に・・このトナカイでジュニア2レッスンは、実に暑い・・(-_-;)

今年は8月のジャズナウ、10月のショーケース、12月の慰問イベントと
ジュニア達は大活躍だった。

当然の事だが、人前に出て踊る本番はダンサーを育て格段に上達する。

言い換えると、本番を経験する前と後では明らかに動きが違う。

そのくらいステージに立つと言うのはダンサーにとって重要な事なのだ。

この子達は今年、ほとんどレッスンを休まなかった。まずその事がいい結果に繫がったと思うし、本人達にとっても自信が持てるようになっただろう。

それと、同じ「楽しい」でもレッスンにおいての楽しいと、ステージで踊っての楽しいは、まったく別物だ。快感・・と言ってもいい。

ステージに立って踊る高揚感、達成感、充実感・・これらはステージを経験した者にしかわからない特別な感覚だ。

来年もまた、みんなと一緒に熱い夏が迎えられるよう心から祈ってます。

色々大変な事もあったと思いますが、みんな1年間良く頑張りました(^-^)/ 

お疲れ様・・・また来年な〜

image









image








image








image











image







お母さん達にも、色々と大変お世話になりました。

ありがとうございました。

image









これは1つ前のKidsクラスでもらったプレゼント

僕の好みを実に良く理解していると考えられます(笑)
ありがとうございました。


image
訪問者数

Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ